元KARAク・ハラだけじゃない!! 韓国芸能界の衝撃すぎる“リベンジポルノ“事件を振り返る

2018年12月29日 話題 #KARA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ふたりは恋愛関係だった時期もあったが、彼女が売れ出してふたりの間で何かと軋轢が発声。

マネージャーはビデオをネタにペク・ジヨンをゆすった」可能性が高いという。

当時は“P嬢ビデオ”と名付けられたこの流出のせいで、ペク・ジヨンは数年間、テレビ出演などを控えねばならなかった。

2009年にトーク番組に出演した彼女は、当時の心境を次のように明かしている。

「ショック状態だったし、死にたいくらい辛かった」と。

2001年、人気女優が被害に遭った“L嬢事件”

人気女優がリベンジポルノの犠牲になったこともある。2001年に起きた“L嬢ビデオ騒動”がそれだ。

L嬢とはイ・テラン。恋人だったマネージャーから「俺を裏切ると性行為の場面が含まれたビデオテープを公開する」と脅されたのだ。

現金6500万ウォンを脅し取られ、その脅迫に耐えかねたイ・テランは記者会見を開き、元恋人のマネージャーを訴えた。

その結果、マネージャーは恐喝・脅迫容疑で懲役6か月を言い渡され、ビデオテープが存在しないことが判明したが、後日このマネージャーが新人タレントに性行為を強要して隠し撮りしていたビデオが存在していたことが明るみになり、さらなる波紋を呼んだ。

このように、20世紀の世紀末から2000年代にかけで、韓国で次々と流出した人気芸能人たちの“隠し撮り”。

当時はまだ“リベンジポルノ”という言葉が定着していなかったが、まさにそれは悪質すぎる“リベンジポルノ”だった。

前へ

2 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事