サッカー韓国代表選手の無礼な“握手拒否”、相手国メディアも批判「無視する行動」【PHOTO】

2021年07月23日 サッカー #東京五輪
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュージーランド戦で衝撃の敗北を喫した後、相手選手の握手を拒否したオリンピック韓国代表の主力メンバー、イ・ドンギョンが猛批判を受けている。

【写真】無観客の東京五輪に「テーハンミングッ(大韓民国)!!」。何があった?

イ・ドンギョンは、7月22日に茨城県で行われたニュージーランドとの東京五輪・男子サッカーグループリーグ第1戦に0-1で敗れた後、固い表情でしばらくピッチに立っていた。そのとき、ゴールを決めたクリス・ウッドが近づいて握手を求めたところ、イ・ドンギョンは手を払って拒否した。クリス・ウッドは決まりが悪そうに笑った。

ニュージーランドメディア『ニュースハブ』は試合直後、「韓国のイ・ドンギョンはニュージーランドのスターであるウッドを無視する行動をした」と、握手を拒否したことについて注目した。同じく『スタッフ』も「イ・ドンギョンが握手を拒否すると、ウッドは驚いたという表情を作った」とし、イ・ドンギョンの行動を無礼だと指摘した。

握手を拒否するイ・ドンギョン(赤)

韓国はこの日、終始試合を支配したが、決定力不足と連携プレーの不足を見せた。そして後半27分、プレミアリーグ4シーズン連続で2桁得点に輝くニュージーランドの「ワイルドカードストライカー」クリス・ウッドに、得点を許した。ニュージーランドのミドルシュートが韓国のセンターバック、チョン・テウクの脚に当たり、曲がったボールがウッドに流れた。彼はゴールの右側を見ながら落ち着いてゴールを決めた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集