グクはドーベルマン、Vはポメ!“可愛さダイナマイト級”なBTSの愛犬特集【PHOTO】

2021年12月03日 話題 #写真 #BTS #特集
このエントリーをはてなブックマークに追加

BTS(防弾少年団)の人気番組『In the SOOP BTS ver.』シーズン2が10月15日から11月5日にかけて放送され、「日常と休息、その間」というコンセプト通り、普段なかなか見られない7人の自然体な姿にときめくファンが続出し、大盛況のうちに幕を閉じた。

全員「すっぴん!?」BTSのオフショット【写真】

その中でも一際注目を集めていたのがJUNG KOOKの新しい家族「バム」だ。名前を呼ばれると尻尾を振りながらJUNG KOOKの元に駆け寄り、メンバーが「セパタクロー(サッカーとバレーボールを掛け合わせたような球技)」を楽しんでいると、自分も仲間に入るとばかりにボール目掛けて一目散に向かっていく愛らしい姿を見せて視聴者を虜にした。

実は犬を飼っているメンバーが多いBTS。今回はそんなBTSの愛犬たちに“Focus on”していこう。

(画像=IN THE SOOP公式YouTubeチャンネル)

JUNG KOOK:バム

『In the SOOP』全編にわたってキュートな姿を見せてきたドーベルマンのバム。ファンが注目したのはそれだけではない。ほかのドーベルマンとバムのルックスの違いだ。ピンと立った耳に短い尻尾が大半の人が想像するドーベルマンだが、バムは耳も尻尾も長いまま。ドーベルマンは生後1カ月以内に断耳や断尾をすることが多く、バットマンのような耳は人工的に作られたもの。近年、動物虐待と問題視されている断耳・断尾をしていないことから、JUNG KOOKがバムを本当に大切にしていることがうかがえる。

(写真=weverse)
(写真=weverse)

V:ヨンタン

“BTS 8人目のメンバー”という愛称を持つほど、ファンから慣れ親しまれているマスコットキャラ的存在のヨンタンは、2017年にVが家族に迎え入れた、ブラックタンのポメラニアンという珍しい犬種だ。BTSの公式YouTubeチャンネル「BANGTANTV」やツイッターなどを覗いてみると、メンバーからたくさんの愛情を受けているヨンタンの姿を見ることができる。さらに、グローバルファンコミュニティプラットフォーム「Weverse」内のVのプロフィールだけヨンタンになっており、なんとも微笑ましい(2021年11月時点)。

(写真=weverse)
(写真=BTS公式Twitter)

J-HOPE:ミッキー

J-HOPEが実家で飼っている愛犬ミッキーは韓国でも人気の犬種シーズーだ。J-HOPEがミッキーを愛でる様子が度々ツイッターに上げられるが、そのメロメロぶりにファンもときめきを隠せない様子。さらに、8月10日に「愛犬の日」(National Spoil Your Dog Day)を迎えた際、アメリカ最大のラジオ放送局iHeartRadioは公式ツイッターにJ-HOPEとミッキーが一緒に写っている写真を投稿。ミッキーの存在は瞬く間に広く知られるようになった。

(写真=BTS公式Twitter)
(写真=BTS公式Twitter)

RM:レプモニ

RMが実家で飼っている愛犬「レプモニ」。RMのかつての活動名「ラップモンスター(RAP MONSTAR)」から名付けられ、犬種はスピッツだ。RMが忙しいスケジュールでなかなか家に帰れないせいか懐かれなくなってしまったそうで、V LIVEでRMは「食べ物をあげないと僕の所に来ない」「僕の芸名からついた名前なのに…」と残念そうに語っていた。

(写真=BTS公式Twitter)
(写真=BTS公式Twitter)

SUGA:ホーリー

SUGAが実家で飼っているトイプードルの「ホーリー」は、SUGAの実兄が名付け親なんだとか。「もともと犬好きな方ではなかったが、好きになった」と話すほど、ホーリーの魅力にハマってしまったSUGA。JIMINからは「以前SUGA兄さんの家に一度遊びに行った時、兄さんがホーリーを溺愛してるのを見ました。“こっちおいでこっちおいでー!”と兄さんが言ってるの想像できますか?」という微笑ましいタレコミも。

(写真=BTS公式Twitter)
(写真=BTS公式Twitter)

JIN:チャング

JINが実家で飼っていたマルチーズの「チャング」は、韓国版『クレヨンしんちゃん』の名前「チャング」から来ている。12年間の歳月をJINとともにしたチャングだったが、2017年9月に他界。音楽番組のステージ準備中にチャングが亡くなったことを聞いたJINは嗚咽するほどショックを受け、リハーサルができないままステージに上がったという。公式SNSを通じてチャングの死を報告したJINにファンからは心配の声が相次いで寄せられた。その後、2019年に放送されたBTSのリアル旅行バラエティー『BTS BON VOYAGE』では、見かけた白い犬に「お前うちのチャングにそっくりだな」と話しかけ、今もなお深いチャングへの愛情を示してファンの心を温めた。さらに、JINはペットたちを想って書いた自作曲『Tonight』をグローバル音楽共有サービス「SoundCloud」上で公開している。

(写真=BTS公式Twitter)
(写真=BTS公式Twitter)

BTSが愛情を向けるのは自身らのペットだけではない。ペット人口が増えている一方、年々増加する捨て犬の数が社会問題となっている韓国。JINは自身の誕生日に動物保護施設へ後援品の寄付をしたり、JUNG KOOKは保護動物を支援するブランドのアクセサリーを着用し、動物福祉への関心を広げたりしている。BTSは動物たちへの愛情もワールドクラスだったというわけだ。

そんな最高の主人に迎えられた幸運な犬たち。BTSのかけがえのない人生のパートナーとしていつまでも元気で長生きしてほしいものだ。

(文=新井いるる)

パク・ソジュンに女優パク・ミニョン…。“白モフ”と話題のビションを飼っている韓国芸能人たち

「ARMYが50」BTSのリーダー、RMが残した“心に刺さる”語録集!名言から迷言まで?

コロナ禍でも“BTS聖地”は続々誕生!必ず行ってみたい「ゆかりの地」をご紹介!

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集