【写真】大谷翔平の登板試合を韓国バレー女帝が生観戦!193cm大谷と「1cm差」の長身スタイル

このエントリーをはてなブックマークに追加

元バレーボール韓国代表で“女帝”の別名を持つキム・ヨンギョンが、米メジャーリーグ(MLB)の試合会場に姿を現した。

【注目】大谷翔平が韓国で“マンチンナム”と呼ばれるワケ

5月27日(日本時間)、米カリフォルニア州アナハイムのエンゼル・スタジアムで行われたロサンゼルス・エンゼルス対トロント・ブルージェイズ。

エンゼルスからは大谷翔平(27)、ブルージェイズからはリュ・ヒョンジン(35)が先発登板したことで、“日韓エース対決”として注目を集めたこの試合に、キム・ヨンギョンが観戦に訪れていた。

試合前、グラウンドに降りて知人たちとともに写真撮影などを楽しんでいたキム・ヨンギョン。フーディーにダメージジーンズを合わせたシンプルなコーディネートで、192cmという圧巻のスタイルを見せつけていた。

ちなみに、身長193cmの大谷とはわずか1cmしか背の高さが変わらないというのだから、いかにキム・ヨンギョンが長身であるかがわかる。

【写真】大谷翔平と1cm差…長身美女バレー選手キム・ヨンギョンとは

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集