大谷翔平が「マンチンナム」と呼ばれる理由。韓国の“二刀流”との違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平は、韓国でも話題になる。

出場した試合結果はもちろん、インターネットを通じて日本やアメリカのメディアが報じる記事などが事細かく伝えられてきた。韓国でも“二刀流”旋風は大きな話題なのだ。

【写真】大谷にも夢中?“現役女子高生”に“完璧ボディ女神”「韓国美女チアリーダーTOP10」

もっとも、大谷は韓国でもかなり以前からその名が知られていた存在だった。

北海道日本ハム・ファイターズ時代から“二刀流”で活躍していた大谷は、“マンチンナム”という賛辞まで寄せられていたほどだ。

“マンチンナム”とは、マンガの中から出てきたような男という意味で、圧倒的な能力を持った人やイケメンによくつけられる賛辞。

「野球マンガを見ると、4番でエースという主人公が登場する。しかし、その主人公はほとんどが高校野球の選手だ。プロ野球チームの中心打者でエースという主人公は、マンガにも出てこないが、大谷は違う」と舌を巻く韓国メディアもあるほどだ。

(写真提供=アフロ)大谷翔平

そんな大谷がアメリカでも“マンチンナム”と呼べるような野球人生を送っているのだから、韓国でも話題になるのは当然だろう。

韓国にもいた二刀流。しかし、大谷とは格が…

韓国で大谷に注目するのは、やはりその“二刀流”にある。

投打の二刀流は韓国では「投打兼業」と称され、韓国プロ野球ではヘテ・タイガース(現KIAタイガース)のキム・ハンソンが、投手として10勝、打者として13本のホームランを記録しているが、それは韓国プロ野球が創設された1982年のことだ。

KTウィズでプレーする身長184cm、体重98kgのカン・ベクホも「投打兼業」が期待された選手だ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事