歴代“サッカー応援美女”を一挙紹介!! 韓国サッカーの歴史とともに【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ始まったアジアカップ。韓国代表は1月7日の夜、アジアカップ・グループステージ初戦を迎え、フィリピンと対戦する。

そんななか局所的な注目を集めているのは、新たな韓国サッカー応援美女が出現するかどうかという点だ。韓国ではこれまでワールドカップを筆頭に、サッカーを通じて数多くの美女サポーターが話題となってきた。

韓国ユニフォームの象徴である赤いTシャツや太極旗(韓国国旗)のフェイスペイントをして、勝利を願う。特に魅力溢れる女性は、“サッカー応援美女”として注目を集めてきた。

韓国のサッカー応援美女の元祖といえば、ミナの名前が挙がる。

ミナは2002年の日韓W杯の準決勝、韓国対ドイツの試合会場に赤色のユニフォームを着て現れ、数多くのマスコミから注目を集めた。その人気を土台に歌手デビューもしており、ファーストアルバム『Rendezvous』も人気を博した。その後2007年には中国に進出し、韓流スターとしても活動した。

ミナ

2006年のドイツW杯では、高級感のある美貌で賛辞を受けたハン・ジャンヒが“サッカー応援美女”のタイトルを獲得。新世代らしい個性と容貌を見せたハン・ジャンヒも、ワールドカップ終了後、歌手デビューしている。しかし所属事務所との争いなどから芸能活動を辞めており、残念がる声が多かった。

ハン・ジャンヒ

3代目~5代目はもっと魅力的!?

3代目の韓国サッカー応援美女は、今現在も活発な活動を見せているモデルのキム・ハユルだろう。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事