選ばれし7人の“マッスル美女”。時代が求め大衆が憧れるミューズ(女神)たち【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前から韓国で、熱気を帯びている“マッスル・ブーム”。

便宜上「マッスル」と呼んでいるが、ボディビルダーのようなムキムキの筋肉ではなく、美しく健康的な肉体を目指す女性が増えているのだ。

日本の「筋肉女子」や「ボディメイクブーム」と同じ文脈といえるだろう。

韓国でそのブームのキッカケを作ったのは、“奇跡のDカップ女神ボディ”と呼ばれるユ・スンオクだろう。

もともとはミス・コリア出身のモデルだったユ・スンオクだが、2014年にアメリカで行われた『マッスルマニア・ユニバース世界大会』に出場し、東洋アジア女性としては初の5位入賞を果たした。

ユ・スンオク

その実績と美しく鍛え上げられた“Sライン”が注目の的に。彼女が栄冠に輝いた『マッスルマニア』が韓国で有名になった。

『マッスルマニア』とは、1991年からアメリカで始まったボディビル&フィットネスで鍛えた肉体美を競う大会のこと。イギリス、ブラジルはもちろん、かつては日本でも地区大会が行われたイベントで、年に一度、アメリカのラスベガスで「マッスルマニア・ウィークエンド」なるものも行われている。

韓国では2009年から行われるようになり、ユ・スンオクたけではなく、多くのマッスル美女たちがそのステージに立っている。

レイヤン

例えば“脱アジア級美ボディ”と称されるレイヤンだ。

2007年の釜山ミス・コリア選抜大会で1位となり、2015年マッスルマニア・ユニバース世界大会選抜戦では、スポーツモデル部門とミズビキニモデル部門の2冠を達成。

その年に出演した通信会社のテレビCMが話題になり、今やはタレントとしてだけではなく、女優としても活躍している。

2016年にはキュートなマッスル美女が脚光を集めた。2016年4月の『マッスルマニア世界選抜戦』で4冠に輝いたチェ・ソルファがその一人だ。

もともとはやせ細っていたが、中学2年生の頃からバレエを習い始め、ボディシェイプ。以降10年間、バレエをやりながらセクシーでスレンダーな女性らしい美ボディの基礎を作った彼女は、美しく伸びのあるボディラインを作るためにポールダンスも始めたという。

そんな苦労を経て作り上げた“美ボディ”が次のページの写真でもある。

前へ

1 / 4

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事