「サムライ!スシ!」韓国人選手に差別的発言の名門マルセイユ、罰金1万ユーロの処分

2021年12月10日 サッカー #欧州サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスのリーグ・アンで、元韓国代表FWソク・ヒョンジュン(30、トロワ)に人種差別的な発言をしたマルセイユに罰金1万ユーロ(日本円=約128万円)が科せられた。

【関連】ソク・ヒョンジュンが起こした“兵役逃れ”疑惑

フランス紙『ル・パリジャン』が12月9日(現地時間)に報じたところによると、フランスプロリーグ機構(LFP)の懲戒委員会がマルセイユに1万ユーロの罰金を科した。

これは去る11月29日、マルセイユの本拠地スタッド・ヴェロドロームで行われたリーグ・アン第15節マルセイユ対トロワの試合中に出た差別的発言に対する懲戒だ。

『AFP通信』やラジオ局『RMC』などによると、マルセイユのスタッフが試合中、ソク・ヒョンジュンに対し「サムライ」「スシ」などと発言したという。

実際、ソク・ヒョンジュンが後半31分からピッチに投入された後、マルセイユ側から飛んだ「サムライが2度もボールを奪ったぞ」「スシを作るんだろ」といった発言をマイクが拾っていた。

ソク・ヒョンジュン

トロワは試合後に声明を発表。「あらゆる形の人種差別と外国人嫌悪を糾弾する。ソク・ヒョンジュンが取れるすべての行動を支援する」と立場を明らかにした。マルセイユ側もクラブ内の行動を糾弾し、必要な措置を執ることを約束した。

事件を調査したLFPは、マルセイユに責任を問うことに決定した。ただ、『ル・パリジャン』によると、懲戒委員会は差別的発言をした当事者を明らかにしたり、当該人物に懲戒を下したりはしなかったという。

【関連】「えっ、そんな理由で?」兵役を免除された20人の韓国芸能人

【関連】バルセロナ下部組織出身の“韓国のメッシ”、相手に頭突きで衝突騒ぎ…

【関連】相手の顔面をスパイクの裏で…韓国2部GKが試合中に危険行為

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集