マ・ドンソク主演の『犯罪都市2』、日本含む世界132カ国で先行販売!

2022年04月21日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優マ・ドンソク主演の映画『犯罪都市2』(原題)が韓国公開を控えるなか、世界132カ国で先行販売された。

【写真】“第2のマ・ドンソク”俳優!ビルダー出身で異名は「顔が隠れる腕」

配給会社のABOエンターテインメントは4月21日、『犯罪都市2』が海外132カ国に先行販売されたことを伝え、「北米をはじめフランス、ドイツ、東欧などがあり、全世界の航空版権まで販売契約を結んだ」と明らかにした。

ABOによると、アジアでは中国、日本、台湾、香港、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシアなど多数の国で販売されており、北米や台湾、モンゴル、香港、シンガポール、フィリピンなどの国では同時期の公開を準備しているそうだ。

(画像=ABOエンターテインメント)左からソン・ソック、マ・ドンソク、衿川署強力班

明日(4月22日)、オンラインで生中継されるグローバルローンチングショーには、北米、台湾、香港、シンガポールなど海外メディアも参加するという。

海外セールス社のK-MOVIEエンターテインメントは、「『犯罪都市2』は、マ・ドンソクにとって『エターナルズ』以降、初の韓国映画ということもあり、セールス初期から海外のバイヤーたちから熱い関心を集めてきた」と伝えている。

続いて「大ヒットを収めた『犯罪都市』の2作目に対する確信で、北米と台湾、シンガポール、香港をはじめとしたアジアの主要国家が封切りを確定し、そのほかにもフランス、日本、南米、インドなどでも封切り準備中だ」と述べた。

『犯罪都市2』は“怪物刑事”マ・ソクト(演者マ・ドンソク)と衿川(クムチョン)署強力班が、ベトナム一帯を掌握した最強のヴィラン、カン・ヘサン(演者ソン・ソック)を捕まえるために繰り広げる痛快な犯罪掃討作戦を描いた映画だ。韓国では5月18日公開。

【画像】マ・ドンソク出演の『エターナルズ』プロモーションアート

【画像】MARVELに韓国人新ヒーローが登場も賛否両論、“そのまんますぎる”と話題

【全文】ソン・ソック、“非常識な観劇マナー”について「恥ずべき行為はしていない」と反論 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集