BTSにもオミクロン株の影響…韓国政府の隔離措置で2021MAMA不参加が確定

このエントリーをはてなブックマークに追加

BTS(防弾少年団)にオミクロン株の影響が直撃した。

イケメンの極致!BTS・Vの最高“七変化”【写真】

現在アメリカに滞在しているBTSは、韓国政府の海外自己隔離措置の対象となり、12月11日に行われる「2021 Mnet Asian Music Awards(2021MAMA)」の授賞式に出席できなくなった。

12月2日、韓国の音楽界によると、政府は新型コロナのオミクロン株に対応し、翌日の3日から全海外入国者を対象に10日間の隔離を導入することとした。

BTSは11月27日から始まったコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA」のため、現在アメリカに滞在中だ。

(写真提供=BIGHIT MUSIC)

コンサート以外にも、3日(現地時間)には米音楽祭「2021 Jingle Ballツアー」のステージにも立つ予定となっているため、いくら早く帰国しても10日間の隔離を避けられない状況にある。

またコンサートに帯同しているBIGHIT MUSICのスタッフらも、必然的に隔離されることが決まっている。

今回の措置について音楽関係者は「猶予期間もなく、政府があまりにも突然発表したのではないか」と不満をもらした。

そのため、BTSが隔離されてから10日後の11日に開催される2021MAMA授賞式には出席できないことが確定した。メンバーが映像を通じてメッセージなどを送ることはできるが、帰国後、一堂に会することはできないため、容易ではない見通しだ。

なお、2021MAMAを開催するMnet側は、これまでBTSの授賞式に出席するかどうかについて「議論中」とだけ伝えていた。BTSは昨年の授賞式には出席し、大賞4部門を含め8冠に輝いた。

【写真】BTSの“ARMY愛”に涙…!メンバーらが涙ぐみながら語った内容とは

【関連】BTSの素の性格が気になる…。韓国で大流行の「MBTI診断」で探ってみたメンバーたちの性格

【写真】「こんなの5度見するわ」Vの“美脚”

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集