【独占】『ヴィンチェンツォ』俳優ソン・ジュンギ、今年の釜山国際映画祭で司会役

2021年09月08日 映画 #ソン・ジュンギ
このエントリーをはてなブックマークに追加

10月に開催される「第26回釜山国際映画祭」(以下、BIFF)の開幕式の司会役を人気俳優ソン・ジュンギが務めることが、『スポーツソウル』の取材でわかった。

【関連】ソン・ジュンギ、次作では財閥家の“末息子”に

ドラマ『ヴィンチェンツォ』で華麗なる復帰を果たし、最近は新作映画『ボゴタ』(原題)の撮影やJTBC新ドラマ『財閥の末息子』(原題)への出演決定などで多忙な日々が続いているソン・ジュンギだが、BIFFに対する格別な思いから今年の司会役を務めることになった。

すでに音楽番組『ミュージックバンク』(KBS2)やオーディション番組『Made in U』(原題、JTBC)などでMCを務めた経験があるだけに、安定した司会進行が期待されている。

今年のBIFFは安全に万全を期している。

新型コロナウイルスの影響で規模を大幅に縮小したが、観客の参加率は高かった昨年の経験をもとに、今年も徹底的に防疫ルールを守りながら開催するとのことだ。開催まで残り1カ月を切ったなか、今年はソン・ジュンギが参加するというニュースも加わり、さらなる盛り上がりを予告している。

「第26回釜山国際映画祭」は来る10月6日から15日まで韓国・釜山で開催される。

(写真提供=HiSTORY D&C)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集