“北朝鮮のクーデター”を描く映画『鋼鉄の雨2』メインキービジュアル公開へ

2020年06月25日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国映画『鋼鉄の雨』の続編となる『鋼鉄の雨2:頂上会談』(原題)のメインキービジュアルが公開された。

俳優チョン・ウソン、クァク・ドウォン、ユ・ヨンソクの出演で話題を集めた同作は、韓国・北朝鮮・米国の首脳会談の途中、北朝鮮のクーデターによって各国首脳が拉致されるという戦争間近の危機的状況を描く。

【画像】映画界に復活の兆し。『#生きている』公開初日に20万人

今回公開されたキービジュアルには、韓国の大統領役のチョン・ウソン、北朝鮮の委員長役のユ・ヨンソク、米国大統領役のアンガス・マクファーデン、そしてクーデターの首謀者である護衛総局長役のクァク・ドウォンが写っている。彼らはそれぞれ強い存在感を放ち、ビジュアルに重みを与えた。

「本当の頂上会談は原子力潜水艦ではじまる」というキャッチコピーは、潜水艦に閉じ込められた3人の首脳と、クーデターの首謀者の間で繰り広げられる緊迫した展開を予感させる。

それぞれ異なる考えを持つ4人の対峙で、狭い潜水艦で行われる“本当の首脳会談”と予測不能の未来に期待を高めた。

唯一の分断国家である韓国と北朝鮮、そして朝鮮半島をめぐる強大国の間で起きうる危機的状況が、個性と演技力を兼ね備えた俳優らによってリアルに描かれる『鋼鉄の雨 2:頂上会談』は、今夏公開予定。

(写真=ロッテエンターテインメント)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集