【動画】韓国全土が“マサ”に衝撃!日本人Kリーガー、石田雅俊が決めた圧巻ハットトリックがコレだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国Kリーグでは2021シーズンも日本人選手の活躍が目立った。なかでも、「マサ」の登録名でプレーするMF石田雅俊(26)は多くの韓国サッカーファンから注目を集めた1人だ。

【一問一答】「自分は敗者」石田雅俊が韓国で挑戦を続ける理由

石田は名古屋グランパスU-15を経て、千葉県の名門・市立船橋高校で背番号10番を背負い、インターハイ優勝などを経験。Jリーグでは2014年の京都サンガF.C.入団から、レンタル移籍でSC相模原、ザスパクサツ群馬、アスルクラロ沼津に在籍した。

Kリーグ進出は今年で3年目。2019年は安山(アンサン)グリナース、2020年は水原(スウォン)FCでプレーし、今季は開幕前に江原(カンウォン)FCに移籍したあと、夏に大田(テジョン)ハナシチズンへレンタル移籍で加入した。

そんな石田は、去る10月10日に大田ホームのハンバッ総合運動場で行われたKリーグ2(2部)第33節の安山グリナース戦で、プロ初となるハットトリックを達成している。

石田の活躍もあり、試合は4-1で大田が快勝に成功。チームを勝利に導いたハットトリックがこれだ。

石田は大田の1点リードで迎えた前半41分、ペナルティエリア手前でボールを受けたのを基点に、密集でのパス交換から最後はエリア内に走り込み右足でゴール(3:37~)。

同44分には相手の中途半端なクリアを胸トラップすると、ワンバウンドさせて右足を振り抜き、ニアにシュートを突き刺した(4:26~)。

そして後半ロスタイム、カウンターの状況でチームメイトからお膳立てのパスを受けると、巻いたシュートをゴールネットに流し込み、見事にハットトリックを達成した(9:00~)。

なお、石田は大田でプレーした2021シーズン後半戦に13試合9ゴール1アシストを記録し、Kリーグ2の年間ベストイレブンにMF部門で選出された。隣国・韓国で活躍を続ける石田には今後も注目を続けたいところだ。

【関連】石田雅俊擁する2部大田、悲願の1部昇格ならず…第1戦先勝も敵地で4失点大敗

【関連】元日本代表から欧州組、有名タレントもそうだった!! 歴代の日本人Kリーガー通信簿

【関連】「僕も知りたい」“韓国のメッシ”が欧州で活躍できなかった理由

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集