元日本代表から欧州組、有名タレントもそうだった!! 歴代の日本人Kリーガー通信簿

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグよりも10年早い1983年にプロサッカーがスタートした韓国。一般的にはKリーグの呼び名で知られている。

そのKリーグにはこれまで数多くの日本人選手がプレーしてきた。その数、15人以上。日本のJリーグにやってきた韓国人選手の数の多さに比べるとかなり少ないものの、着実に増えている。

しかも、そのなかにはワールドカップ出場経験がある元日本代表選手から、ヨーロッパで活躍した日本サッカー界のスター選手、さらには有名サッカー監督の息子まで、実にさまざま。

現在はタレントとして活躍しているあの人も、かつてはKリーグで活躍した選手だった。

そんな日本人Kリーガーたちを一挙公開。その実績も紹介する“Kリーグ通信簿”だ。

まずは直近の2018年シーズンから紹介しよう。

豊田陽平(蔚山現代/2018年)

(写真提供=FA photos)

言わずと知れた元日本代表ストライカーとして、2018年1月にサガン鳥栖からレンタル移籍。

だが、なかなか結果を残せず、また、サガン鳥栖からの復帰要請もあってわずか6カ月でJリーグにUターン。

Kリーグでの記録は9試合2得点に終わった。

西 翼(大邱FC/2018年)

ルーテル学院高校、専修大学を卒業後、ポーランド下部リーグへ。

ポーランドで6シーズン過ごし、スロバキアを経て2018年6月から大邱FCに所属。

2018年度は9試合0得点0アシスト。

邦本宜裕(慶南FC/2018年)

(写真提供=FA photos)

(人気記事:マンUの日本人スカウトが語る日韓選手の特徴「香川真司の後継者を探しているが…」【インタビュー】

前へ

1 / 4

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事