「自分は敗者」“日本人Kリーガー”石田雅俊が挑戦を続ける理由。背景にある覚悟とは【一問一答】

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国サッカー界にとどまらず国内全体に衝撃を与えた日本人選手がKリーグにいる。

【関連】石田雅俊、Kリーグ2部年間ベストイレブン候補選出

その人の名は石田雅俊(26)。名古屋グランパスU-15を経て千葉県の名門・市立船橋高校で背番号10を背負い、インターハイ優勝などを経験した石田は、高校卒業後の2014年に京都サンガF.C.へ入団しプロの道に進んだ。

ただ、Jリーグではレンタル移籍でSC相模原、ザスパクサツ群馬、アスルクラロ沼津に在籍したが、これといった活躍はできず。2018年に京都との契約が満了後、翌2019年にKリーグ2(2部)の安山(アンサン)グリナースに加わると、それから同じく2部の水原(スウォン)FC、Kリーグ1(1部)の江原(カンウォン)FCでプレー。現在は今夏からレンタル移籍で2部の大田(テジョン)ハナシチズンに在籍している。

そんな石田が韓国で一躍時の人となったのは、去る10月10日にホームで戦ったKリーグ2第33節の安山戦でのこと。当時、古巣相手にプロ初となるハットトリックを達成、チームの4-1の勝利に貢献した石田は試合後のヒーローインタビューに登場。ファンへの一言を求められると、隣にいたチームの通訳に頼らず、自らの韓国語でこう伝えたのだ。

「これまでのサッカー人生を振り返ると、自分は敗者だと思っています。それでも、こうして人生を変えられる試合がいくつもあります。いずれにしても、昇格のために人生を懸けます」

多少のたどたどしさがあったとはいえ、石田の思いが伝わるには十分だった。石田の言葉は韓国国内で反響を呼び、インタビュー映像は韓国で100万回再生を突破。メディアもこぞって石田を取り上げた。

【関連】元日本代表から欧州組、有名タレントもそうだった!! 歴代の日本人Kリーガー通信簿

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)石田雅俊

では、石田はなぜ自らを“敗者”と表現したのだろうか。10月中旬、オンラインでのインタビューに快く応じてくれた石田本人に話を聞いてみた。

「日本の頃から負けてばかりのサッカー人生だった」

―石田選手のインタビューは韓国のみならず日本でも大きく話題となりました。自らを“敗者”だというあの言葉が浮かび上がったのにはどんな背景があったのでしょうか。

前へ

1 / 5

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集