リーダー脱退から1年も経たず…日本デビューも果たした韓国ガールズグループに“解散説”が浮上

2022年08月12日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年に日本デビューも果たした韓国ガールズグループに“解散説”が浮上している。

【写真】LABOUMのリーダーが脱退「アルバム活動が先延ばしされ…」

昨年9月にリーダーのユジョンがグループを脱退したLABOUM(ラブーム)だ。

先立って8月11日、とあるメディアはLABOUMが8月を最後に解散を控えていると報じた。それによると昨年12月、旅行サービス会社「yanolja」がLABOUMの所属事務所インターパークミュージックプラスを買収しながらマネジメント運用事業を終了し、LABOUMも解散することになったという。

ただ所属事務所側は解散説について「まだ決まったことはない」とし、「関連内容が整理されたら立場を発表する」と伝えた。

(写真提供=OSEN)LABOUM

LABOUMは2014年にデビュー。メンバー全員が160cm以上という抜群のスタイルで人気を集めた。2018年11月には日本1stシングル『Hwi hwi』をリリースし、日本デビューも果たした。

2021年になって、2016年に発売した『Fresh Adventure』が時間差でブレイクし、注目を集めた。2021年9月にリーダーのユジョンが脱退し、ソルビン、ヘイン、ソヨン、ジエンの4人組となっていた。今年6月に開かれた「ドリームコンサート」のステージにも立ったりしている。

【写真】デビューから5日で解散の韓国ガールズグループが爆誕

【写真】LABOUM、レトロ風のビジュアル公開

なぜ韓国ガールズグループは「7年」で解散してしまうのか

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集