なぜK-POPガールズグループは「7年」で解散してしまうのか…“魔の7年ジンクス”が今も続くワケ

2021年11月12日 K-POP

K-POP界には“魔の7年ジンクス”という言葉があるが、最近も人気ガールズグループがそのジンクスを打ち破ることができず解散することが決まり、ファンが無念を感じている。

【写真】“魔の7年ジンクス”で解散したガールズグループ5組

ガールズグループLOVELYZ(ラブリーズ)だ。リーダーのベイビーソウルを除き、メンバー7人が所属事務所を離れることになり、事実上の解散を迎える。7年の活動を終え、それぞれの道を行くことにしたのだ。

所属事務所Woollimエンターテインメント側は11月1日、「当社とLOVELYZメンバーらが2021年11月16日付で専属契約を満了する」と明らかにした。

2014年にアルバム『Girls Invasion』でデビューしたLOVELYZは、『Ah-Choo』『Candy Jelly Love』『Destiny』などを発売し、彼女たちだけの少女らしいコンセプトで多くのファンに愛された。しかし2020年9月に発売されたアルバム以降、解散に至るまで、なんと1年2カ月余りの空白期が生じており、非常に不満の残る最後だった。

再契約の時期に特別な活動がなかったため、LOVELYZのカムバックを待っていたファンの立場では脱力するしかない結果だ。

(写真提供=woollimエンターテインメント)LOVELYZ

なぜ「7年」で解散が多いのか

前へ

1 / 2

次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集