『サイコだけど大丈夫』ソ・イェジが事故で記憶喪失に…映画『君だけが知らない』日本公開決定【予告動画】

2022年08月09日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

『パラサイト 半地下の家族』『オールドボーイ』『嘆きのピエタ』など数々の傑作サスペンス映画を生みだしてきた韓国から、サスペンスというジャンルにとどまらず、観る者に混乱をもたらし、感情を激しく揺さぶる新たな韓国サスペンス映画『君だけが知らない』が誕生した。10月28日に日本公開となる。

【注目】性格サイテー暴露も…ソ・イェジの「4大疑惑」とは?

本作の主人公は、ある事故で記憶を失った主人公・スジン。彼女は幻覚で未来が見えるようになり、身の周りで不可解な事件が次々と起こる。壊れた記憶、身元不明の遺体、怪しい隣人と謎の少女、そして、優しすぎる夫。過去・現実・未来―真実は一体どこにあるのか。ノンストップで繰り広げられる怒涛のクライマックス、すべてが逆転する。

主人公のスジン役には、ドラマ『サイコだけど大丈夫』で日本でも一躍有名になった女優ソ・イェジ。そして夫ジフン役には、実力派俳優として確固たる地位を確立しているキム・ガンウが抜擢された。

©2021 CJ ENM. All Rights Reserved.

メガホンをとるのは女性監督のソ・ユミン。ホ・ジノ監督(『八月のクリスマス』『四月の雪』)のもとで長年にわたり助監督や脚本を手掛け、本作にてデビュー作ながらも、2021年公開時に韓国ボックスオフィス初登場NO.1を記録した。

今回解禁となった日本オリジナルの予告は、不慮の事故で記憶を失くしたスジンが、夫のジフンに献身的にサポートされるシーンから始まり、もうすぐカナダに移住する2人の日常が穏やかに映し出されていく。

しかし、ある日、スジンがトラックに轢かれそうになる少女の幻覚<未来>を見たことを境に事態は急転。度々起こる不可解な現象に、スジンは、目の前で起きていることは現実なのか未来なのか、はたまた妄想なのかが次第にわからなくなっていく。さらに突如として浮かび上がる事件。フラッシュバックのような数々の記憶の断片が意味するものとは?そしていったい自分自身は何者なのか、物語の行く末が気になる仕上がりとなっている。

また併せて到着したポスターは「記憶を失くした妻 優しすぎる夫 わたしは誰?」という反転するキャッチコピーとともに、物憂げな表情を浮かべ、耳を澄ませているような仕草をするスジンが描かれている。

そして下段に記された「結末を知った時、真実は逆転するー主人公は二人いる。」という文言は何を示唆しているのか?本編への期待がますます高まる新たな韓国サスペンスにご期待だ。

【画像】「内臓がないぞう?」ソ・イェジの“極細ウエスト”

ソ・イェジが“28回は観た”という映画がサイコすぎると話題…「リメイクすればピッタリ」

【写真】「やつれた?」ソ・イェジの近況が話題に

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集