「J1昇格を置き土産に…」退任決定のジェフ千葉ユン・ジョンファン監督に韓国も注目の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

J2リーグのジェフユナイテッド市原・千葉を率いるユン・ジョンファン監督は、“有終の美”を飾ることができるだろうか。

1990年代に韓国サッカー界最高のプレーメイカーとして活躍したユン監督は、現役引退後にサガン鳥栖で指導者としての第一歩を踏み出した。

その後は蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)、セレッソ大阪、ムアントン・ユナイテッドを渡り歩き、2020シーズンからジェフ千葉の指揮を執った。

ジェフ千葉では過去と比べて厳しい財政環境に置かれたなか、ユン監督は就任2年目の昨季に守備の組織力を固め、2列目の得点力を最大限引き出す采配を披露し、シーズン後半に13試合連続無敗を達成した。順位も22チーム中8位だった。

そして、クラブはユン監督との2年契約満了を控えて残留を要請。韓国Kリーグの一部チームからの関心もあったなか、ユン監督はジェフ千葉との契約を延長した。

【関連】「社長やスポンサーからも…」ユン監督が語るジェフ千葉続投の裏側

「ユン監督体制で成長した選手にとっては…」

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集