元G大阪イ・グノがACL対決前に激白「浦和は強いが、蔚山もアウェーに強い!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)のキャプテンであるイ・グノがACL16強戦・浦和遠征での精神力を強調した。

蔚山現代と浦和レッズは6月19日午後7時30分、埼玉スタジアム2002でACL16強戦・第1戦を繰り広げる。

浦和は2007年と2017年にACLを制した伝統の強豪だ。今季はJ1リーグで9位にとどまるなど不振だが、最近、監督を更迭してクラブ事情を熟知する大槻毅監督に新たに采配を任せて反転のきっかけを作った。

代表Aマッチ期間の休息期に体力を充電した蔚山現代は6月15日、浦項(ポハン)スティーラーズとの東海岸ダービーで1-0の勝利を飾るなど、上昇傾向にある。今週末のKリーグの試合も来月に延期されただけに、明日の浦和戦にすべてをつぎ込む準備ができている。

(関連記事:アン・ジョンファンやチョ・ジェジンは?今だからこそ知りたい!! 韓国人Jリーガーは“いま”

そんな大事な試合を前にイ・グノは「初戦の重要性は知っている。浦和はホームで強いが、我々もアウェーで強い」と力を込めて語った。

以下はイ・グノとの一問一答。

(写真提供=韓国ブロサッカー連盟)

―試合の覚悟は?

「初戦の重要性は知っている。アウェーゲームであるだけに、さらに強い精神力を持って戦わなければならない。浦和はホームで強いが、我々もアウェーで強い。しっかり戦って良い結果を持って帰りたい」

―以前、Jリーグでプレーした経験があるので、選手についてよく把握しているようだが?

「前に対戦したときもそうだったが、浦和では情熱的な雰囲気の中でプレーできるということが印象的だった。過去に対戦したことがある選手たちが現在も活躍している。だから、明日の試合は面白くなりそうだ」

―ACL16強戦の初試合が遠征になった。最も重要な点は何か。

「遠征試合だからといってそこにフォーカスを合わせるのでなく、毎試合失点せず得点することに集中している。監督と同じ考えだ」

―Jリーグでも代表チームでも、埼玉スタジアムでプレーしたことがある。

「正直、選手たちに言いたいことはない。このような試合は僕が話さなくても、皆が重要性を知って準備を徹底している。やりたくなくても集中して準備している。皆がその雰囲気を知っていると思う」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事