今だからこそ知りたい!! 韓国人Jリーガー、あの人たちは“いま”

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグにおいて今や韓国人選手は欠かせない存在になりつつある。

1993年にJリーグが開幕した当時は、高麗大学在学中に韓国代表入りを果たし、Kリーグを経ずに日本にやってきたノ・ジョンユン(サンフレッチェ広島など)ただ1人だったが、1997年にコ・ジョンウン(セレッソ大阪)がKリーグから初めて日本にやってきて以降、その数は毎年のように増えつづけ、アジア枠が設けられた2008年以降はさらに増加している。

今や韓国勢はブラジル勢に次いで最も多い外国人勢力となっているが、行き来も激しい。とりわけ現役を引退した選手たちの消息は、日本にまでなかなか伝わってこないだけに気になるところだろう。

【画像】ソン・フンミンの恋人は人気アイドル!? 韓国代表の“美女パートナー”を一挙紹介

調べてみると、多くのサッカー選手が引退後に監督やコーチといった指導者の道に進むように、かつて日本で活躍した韓国人Jリーガーの多くが、韓国に戻った現在はKリーグで指導者として活躍している。

例えばヴィッセル神戸で活躍し“コリアンボンバー”と呼ばれたキム・ドフンは蔚山現代で監督を務めているし、同じく神戸で活躍し横浜FC、ザスパ草津などでもプレーしたチェ・ソンヨンは水原三星でコーチを務めている。

コ・ジョンウン

Kリーグ2(2部リーグ)に目を転じれば、昨季コ・ジョンウンが安養FCの監督に就任(現在は契約解除)し、水原FCの監督には元ジェフ市原のキム・デウィが就任している。

牙山ムグンファの監督には元柏レイソルのパク・ドンヒョク。元京都サンガのコ・ジョンスは大田シチズンの監督を務めている。

指導者として成功した韓国人Jリーガーは誰か

では、指導者に転身したJリーグ経験者のなかで、Kリーグで最も実績を残しているのは誰か。

それは1999年Jリーグ得点王にも輝いたファン・ソンホンだろう。

ファン・ソンホン

2007年から釜山アイパークで監督になり、2011年からは古巣の浦項スティーラーズ監督に就任。2012年にはFAカップ優勝、2013年にはKリーグとFAカップの2冠を達成し、Kリーグ最優秀監督賞も受賞。2016年7月からはFCソウル監督になり、1年目でリーグ優勝も成し遂げている(2018年12月からは中国スーパーリーグ延辺富徳の監督に)。

このファン・ソンホンに次いで実績を残しているのが、ジェフ市原、京都サンガ、ジュビロ磐田などで活躍したチェ・ヨンスだろう。

チェ・ヨンス

2006年からFCソウルでコーチ生活をはじめ、2011年に監督に昇格すると、2012年にはKリーグ制覇。翌2013年にはACL準優勝。2015年にはFAカップも制している。その実績を買われて2016年7月には、推定年俸350万ドル・5年契約の好待遇で中国スーパーリーグの江蘇蘇寧に引き抜かれた。

ただ、チェ・ヨンスは中国では結果を残せず2017年6月に退任。FC東京の監督候補にも浮上したが、最終的に話がまとまらず現在はFCソウルの監督を務めている。

韓国人Jリーガーで韓国代表監督になったのは?

このチェ・ヨンスとファン・ソンホンは、将来の韓国代表監督候補の最右翼ともされているが、元コリアンJリーガーで韓国代表監督を務めた人物はすでにいる。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事