“清水移籍目前”オ・セフンらが抜けた蔚山現代の攻撃陣…頭悩ます「緊急補強」と「新プラン」

このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズン開幕目前の相次ぐ主力移籍に頭を悩ませている蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)が、全方位的な対策作りに乗り出している。

【関連】天野純が蔚山現代で18年ぶりに再会した日本人コーチとは?

まず、ホン・ミョンボ監督やキャプテンの元韓国代表MFイ・チョンヨン(33)らの慰留もあったなか、J1リーグの清水エスパルスへの移籍を決断したFWオ・セフン(23)の代役として、かつて浦和レッズなどで活躍したブラジル人FWレオナルド(24)の合流が待たれている。

また、ドイツ2部シャルケにレンタル移籍し、日本代表DF板倉滉(25)とチームメイトになった韓国代表MFイ・ドンギョン(24)の空白については、元日本代表MF天野純(30)を横浜F・マリノスからレンタル移籍で獲得し、穴埋めに成功した。

ただ、最も補強に手間取っているのが、ドイツ1部ヘルタ・ベルリンに急遽移籍した韓国代表FWイ・ドンジュン(24)の代役だ。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)オ・セフン(左)、イ・ドンジュン(右)

チームにはFWキム・ミンジュン(21)など才能ある若手こそいるものの、今シーズンは杭州アジア大会を控えるU-23韓国代表への招集などもあり、不在の時間が多くなる見込みだ。

イ・ドンジュンに代わる“快速ウィンガー”を狙うも…

そこで目を付けたのが、昨季に1部最下位で2部に降格した光州(クァンジュ)FCの韓国代表FWオム・ウォンサン(22)である。

オム・ウォンサンをめぐってはFCソウルとも獲得競争を繰り広げている。Kリーグでトップクラスのウィングと評価されていたイ・ドンジュンが抜けた今、彼の穴を埋められる選手はオム・ウォンサンしかいない。それだけに、ホン・ミョンボ監督もクラブ側にオム・ウォンサン獲得に注力することを強調している。

蔚山現代の強化部も、今年の旧正月の休暇をほぼ返上し、多角的にオム・ウォンサン側と協議を進めた。オム・ウォンサン自身、光州FCが2部に降格したこともあり、1部ビッグクラブから良いオファーがあれば移籍する意志はある。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)オム・ウォンサン

ただ、先にオム・ウォンサン側に接触したのはFCソウルであるため、蔚山現代はより良い条件を提示する必要がある。蔚山現代は光州FCに「DFの選手1人+現金」でオファーを出した。光州FC側も肯定的な反応を示しているようだ。

問題はオム・ウォンサンとの個人交渉だ。前述したとおり、先に交渉を始めたのはFCソウルであるため、蔚山現代はより良い待遇で交渉を進めるしかない。FCソウルとしても、遅れて獲得に乗り出した蔚山現代に横取りされまいと、真摯な姿勢でオム・ウォンサンとの交渉に取り組んでいる。

ホン・ミョンボ監督は最悪の事態に備え、これまでにない新プランを採用する構想も持っている。去る7日の光州FCとの練習試合では、元横浜FMの元韓国代表FWユン・イルロク(29)を1トップに起用する実験も行っていた。

また、今冬の移籍市場で蔚山現代に加入した元韓国代表FWパク・チュヨン(36)は、同日の練習試合で後半から途中出場し、ゴールを決めアピールをしていた。

【動画】韓国全土に衝撃!日本人Kリーガーのハットトリック

「監督は僕のプレースタイルを知らなかった」日本人選手のKリーグ挑戦記

【動画】相手GK棒立ち、味方唖然…元Jリーガーの超絶フリーキック

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集