ソン・フンミン&ファン・ヒチャンが負傷中の韓国代表…指揮官の反応は?「解決策を探さなければ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国代表を率いるパウロ・ベント監督が、所属チームで負傷離脱中のFWソン・フンミン(29、トッテナム)、FWファン・ヒチャン(25、ウォルヴァーハンプトン)について言及した。

【関連】コロナ感染のガンバ大阪DF、陰性確認で韓国代表合流決定

去る1月9日からトルコ・アンタルヤでキャンプを行っている韓国代表。現在は国際Aマッチ期間ではないため欧州組は招集せず、オフシーズン中のKリーグ、Jリーグの選手を中心にメンバーを構成している。

トルコでは15日にアイスランド代表、21日にモルドバ代表と国際親善試合を行う。その後、2022年カタールW杯アジア最終予選第7戦が行われるレバノンへと移動し、欧州組が合流。27日にレバノン代表と対戦したあと、2月1日に中立地のUAEでシリア代表と対戦する。

ベント監督は14日、韓国サッカー協会(KFA)を通じて、「上手く行っている。シーズン前であるため、選手たちが負傷しないようにしなければならない。また、強化試合を通じてカタールW杯最終予選まで準備する方向に向かわなければならない」と伝えた。

(写真提供=韓国サッカー協会)パウロ・ベント監督

ベント監督は、今回のトルコキャンプに“新顔”を多数招集している。2002年生まれの高卒ルーキーFWオム・ジソン(19)をはじめ、FWキム・デウォン(24、江原FC)、MFコ・スンボム(27、金泉尚武)、DFチェ・ジムク(23、城南FC)らがA代表初招集選手だ。

トルコキャンプは国内組を中心にメンバーを組んでいるが、W杯最終予選では欧州組も合流する関係で、メンバーを外れた選手はキャンプ後に帰国しなければならない。

「新しい選手たちはそれぞれ違う特徴を持っている。昨シーズンからチェックしてきた選手だ」というベント監督は、「代表に上手く適応できるよう最善を尽くしてサポートしたい。良い経験となるはずだ」と強調した。

一方で不安材料もある。それは、韓国代表の主力攻撃陣であるソン・フンミンとファン・ヒチャンが、負傷のため最終予選2試合への出場が困難とみられていることだ。2人とも復帰は2月初めとみられている。

(写真提供=韓国サッカー協会)ソン・フンミン
(写真提供=韓国サッカー協会)ファン・ヒチャン

ベント監督は「(2人を)待ちながらどうやって回復するかを見て最終決定する。ソン・フンミンとファン・ヒチャンはどちらも相手の均衡を崩すことのできる重要な選手だ。ほかの解決策を探さなければならない。2人が重要な選手だということは隠せない事実」と伝えた。

【関連】「史上最大の強盗」日韓W杯の韓国対スペイン戦に非難の声…韓国の反応は?

【写真】スタイル抜群!サッカーW杯と振り返る韓国の歴代“応援美女”

【動画】韓国代表、“日韓戦”惨敗後の悲痛な帰国現場

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集