横浜FMから天野純加入の蔚山現代、2022シーズンユニホームを発表!伝統と個性盛り込んだデザイン

2022年01月14日 サッカー #Kリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国Kリーグ1(1部)の蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)は1月14日、2022シーズンの新ユニホームを公開した。

【関連】韓国Kリーグのユニホームサプライヤーを紹介!

2017年以来4年ぶりにアディダスとサプライヤーパートナーシップを締結した蔚山現代は、新ユニホームにクラブの伝統と個性を盛り込んだ。

ホームユニホームは蔚山現代の伝統であるストライプを継続。チームカラーのブルーとイエローに斜線を加え、虎の柄をイメージさしている。これは2022年が寅年ということで、チームのメインキャラクターである虎を個性的に表現したものだ。

(写真=蔚山現代Instagram)ホームユニホーム

そしてアウェーユニホームは、蔚山現代が長年用いた空色のストライプにブルーとイエローをミックスし、爽やかな雰囲気を演出。このデザインは、近年増加傾向にある若者のファンをターゲットにしたものだという。

(写真=蔚山現代のInstagram)アウェーユニホーム

蔚山現代のキム・グァングク代表は、「今回の新ユニホームのデザインは、衣類としてのおしゃれさや機能面だけでなく、クラブが進もうとしている方向性も盛り込んだ。今シーズンのユニホームが、蔚山現代の魅力を全年齢に発信できる媒介になればと思う」とコメントしている。

蔚山現代によると、新ユニホームは2月中にも販売される予定だという。

なお、蔚山現代は横浜F・マリノスから元日本代表MF天野純(30)をレンタル移籍で獲得した。去る1月8日、横浜FMが公式発表した。

【関連】日本と比較すると…韓国のナイキとの「12年240億円」契約は得か損か

【写真】「白虎じゃなくてシマウマ?」韓国代表ユニホームに賛否両論

【関連】ソン・フンミン、BTSにサイン入りユニをサプライズプレゼント

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集