日本サッカー協会と比較すると?韓国の「12年240億円」の契約は得か損か

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国サッカー界の市場価値がわかる大型契約が交わされた。

去る1月20日、韓国サッカー協会(KFA)がナイキ・コリアとのオフィシャル・サプライヤー契約を更新することが発表されたのだ。

KFA広報部によると、その契約内容は韓国スポーツ史上でも破格だ。2020年から2031年までという12年の長期契約で、その総額は「2400億ウォン(約240億円)+プラスアルファ」の大型契約になるという。

KFAは1996年からナイキ・コリアと関係を結び今日に至るが、韓国サッカー史上はもちろん、韓国スポーツ史上でも例がない長期の大型契約だ。

シンボル変更も噂される新ユニ発表前のサプライズ

KFAとナイキ・コリアは、ワールドカップイヤーやオリンピックイヤーになると新ユニホームを発表し、今春にエンブレムも一新した新ユニホームの発表があると噂されていたが、その前に飛び込んできたビッグサプライズである。

【画像】韓国代表のエンブレムが変わる?海外で流出した新デザインに賛否

ただ、一部のサッカーファンたちは手放しで喜んでいないらしい。

『スポーツソウル』サッカー班がネット上の反応やサポーターたちが集まるオンライン・コミュニティをチェックしてみると、驚きや歓迎の声と同じくらい、否定的な声もあったという。

「12年の長期契約は長すぎたのではないか」「もっと上積みできたのではないか」などで、なかには日本サッカー協会を引き合いに出しながら不満を漏らす声もあるという。

「日本サッカー協会との比較」も…

日本サッカー協会は2014年7月、アディダス・ジャパンと8年契約・総額250億円強の大型契約を交わしたとされている。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事