ソン・フンミン、“マンチェスター・U戦の6-1大勝”でパク・チソンを「イジっている」と告白

このエントリーをはてなブックマークに追加

「マンチェスター・ユナイテッド戦の6-1の勝利でチソン兄さんをいじっている」

【関連】“握手拒否”のサッカー韓国代表選手に批判殺到

トッテナムとの契約を延長した韓国代表FWソン・フンミン(28)が、同国の先輩でマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍したパク・チソン氏とのエピソードを明かした。韓国メディア『OSEN』が伝えている。

トッテナムは7月23日(日本時間)、ソン・フンミンと2025年まで契約を延長したことを発表した。

詳細な契約内容は公開されていないが、過去にはイギリスメディアが「トッテナムがソン・フンミンに週給20万ポンド(日本円=約3040万円)を提示した」と報じたことがあった。ソン・フンミンはこれまで週給14万ポンド(約2129万円)を受け取っていた。

ソン・フンミン

「子どもの頃はマンチェスター・Uの試合を…」

ソン・フンミンとの契約延長発表後、トッテナムは公式SNSを通じて「What is Heung-Min Son's FAVOURITE Spurs moment?(ソン・フンミンの最高の瞬間はいつだった?)」というテーマの映像を公開した。

映像内で、ソン・フンミンは去る2020年10月5日に行われた2020-2021シーズンのプレミアリーグ第4節のマンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。

当時、トッテナムは敵地オールド・トラフォードでの一戦で6-1の大勝を収めていた。ソン・フンミンも2ゴール1アシストを記録し、チームの勝利に貢献した。

ソン・フンミンは当時のマンチェスター・U戦が印象的だった理由について、次のように語っている。

「子どもの頃からマンチェスター・Uの試合を本当にたくさん見ていた。(パク・)チソン兄さんの影響だった。だから、オールド・トラフォードは本当に素晴らしいスタジアムとして印象に残っている」

「マンチェスター・Uとの試合前にハムストリングスの負傷があった。3つの選択肢があった。1つ目は韓国に戻ることで、2つ目はロンドンに残ること。そして、3つ目が先発で出場することだった。6-1で勝利した後、3つ目のオプションを選んで良かったと思った」

ソン・フンミンは最後に、「今も(6-1勝利を用いて)チソン兄さんをいじっている。当時のチームは本当にパフォーマンスが良かった」と笑顔で述べていた。

【写真】ソン・フンミンの元恋人は?韓国代表の”美女パートナー”

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集