元Jリーガー多数在籍の韓国2部ソウルイーランド、選手1人にコロナ陽性も追加感染者はなし

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国Kリーグ2(2部)のソウルイーランドFCが、ひとまず安堵のため息をついた。

【関連】韓国2部で“元Jリーガー”安炳俊の活躍が話題

ソウルイーランドは6月24日、報道資料を通じ、「選手内部で陽性者が確認された直後の23日午前に実施した検査で、選手、事務局全員が陰性だった」と発表した。

ソウルイーランドは23日に選手1人が新型コロナウイルス陽性と判定された。当該選手は京畿道(キョンギド)加平(カピョン)郡にあるクラブハウスでチームメイトと生活している。

ただ、今シーズンは当該選手がリーグ戦に1試合も出場していなかったことから、濃厚接触者に分類される隔離対象者は1人もいなかった。

これにより、ソウルイーランドは来る27日にホームの蚕室(チャムシル)総合運動場で行われる第18節の釜山(プサン)アイパーク戦を、正常通り開催することで決定している。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)イ・サンミン(左)

韓国の首都ソウルを本拠地とするソウルイーランドは現在、Kリーグ2第17節まで終えて4勝7分6敗の勝ち点19とし、10チーム中8位と下位に沈んでいる。チームを率いるのは2019年にU-20韓国代表をU-20ワールドカップ準優勝に導いたチョン・ジョンヨン監督で、昨シーズンから指揮を執っている。

所属選手には元V・ファーレン長崎のU-24韓国代表DFイ・サンミン(23)や元ファジアーノ岡山MFキム・ミンギュン(32)、元ジェフユナイテッド市原・千葉、アビスパ福岡のDFキム・ヒョヌン(30)、元ガイナーレ鳥取MFキム・ソンミン(29)らがいる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集