韓国Kリーグ版マスコット総選挙、第2回目が開催!盛況の末に2年連続1位に選ばれたのは…?

2021年05月06日 サッカー #Kリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年2回目の開催を迎えた韓国Kリーグの“マスコット総選挙”が、話題と興行の両面で成功した。

【関連】Kリーグで身長2m超えのセルビア人FWが起こした“珍事”とは

「Kリーグマスコット班長選挙」は、Kリーグ1・2部全22クラブの中でナンバーワンのマスコットを100%ファン投票で選ぶイベントだ。今年は4月24日から5月4日までの11日間にかけて投票が行われ、約25万票近くが集計された。

そして、4日のライブ開票放送で発表されたマスコット班長選挙の投票結果、水原三星ブルーウィングスのアギルレオンが2万8788票を獲得し、昨年に続き2年連続で班長に選ばれた。

副班長には2位のセドリ(浦項スティーラース、2万3736票)、3位のリカ(大邱FC、2万2613票)が選出された。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)「マスコット班長選挙」開票放送の様子

大々的なPRで注目集める

今回の「Kリーグマスコット班長選挙」は明らかに昨年より盛り上がりを見せ、興行的にも成功した。投票人数でも昨年の1万2377人をはるかに上回る2万749人を記録し、冷めやらぬ熱気を証明した。

投票期間の11日間には、まるで実際の選挙を彷彿とさせる取り組みも多かった。立候補登録期間にはクラブ別に候補一本化の党内選挙が行われ、特色のある遊説資料や映像、公約がファンに伝えられた。

有権者の心をつかむための骨身を削る努力も続いた。各クラブは選手や監督による“支持宣言”はもちろん、有名人までも動員した。

なかでも、蔚山現代は俳優パク・ウォンサン、歌手チョ・グォン、コメディアンのイ・サンジュンら芸能人による激励運動を展開。仁川ユナイテッドのマスコットであるユーティは、同じく仁川を拠点とする男子バレーボールチーム大韓航空ジャンボスのジャンボ、女子バスケットボールチーム新韓銀行エスバーズのソルとともに遊説を行うなど、競技の枠を超える連帯も見せた。

ソウルイーランドFCのレウル、FC安養のバティ、城南FCのカオらは外見をリニューアルするなど、大胆な変化もいとわなかった。

意義深い合同遊説もあった。浦項のセドリと水原三星のアギルレオンは、現役時代に両チームでプレーしたGKシン・ファヨン(38)の引退式にともに参加し、競争を飛び越えた交流と和合の場を設けた。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)2位のセドリ(左)と1位のアギルレオン(右)

また、副班長に選ばれたセドリは自身のSNSアカウントで“オヤジ”の完成を表現し、熱い反応を得た。実際の投票分析でも、セドリは30代(39.6%)からの支持が高く、女性(27.7%)よりも男性(72.3%)から圧倒的な支持を獲得した。

今回、2回目の「マスコット班長選挙」を終えた韓国プロサッカー連盟は、「クラブとファンとの間にコミュニケーションの場を設け、さらにはマスコットを活用したグッズの活性化など、Kリーグの収益性増大にも寄与することを期待している」と強調した。

以下、「Kリーグマスコット班長選挙」の開票結果。

1位:アギルレオン(水原三星ブルーウィングス)2万8788票

2位:セドリ(浦項スティーラース)2万3736票

3位:リカ(大邱FC)2万2613票

(写真提供=大邱FC)リカ

4位:ナイティ(全北現代モータース)2万1762票

5位:ミタ(蔚山現代)1万7080票

6位:レウル(ソウルイーランドFC)1万818票

7位:チョルリョンイ(全南ドラゴンズ)1万474票

8位:チャンアンチャングン(水原FC)9757票

9位:ティティ(忠南牙山FC)9454票

(写真提供=忠南牙山FC)ティティ

10位:ボニー(光州FC)9214票

11位:シード(FCソウル)9114票

12位:シュウン(金泉尚武)8447票

13位:カムギュリ(済州ユナイテッド)8429票

14位:カンウンイ(江原FC)7740票

15位:トクディ(釜山アイパーク)7686票

16位:ヘル(富川FC 1995)7654票

17位:ユーティ(仁川ユナイテッド)7577票

(写真提供=富川FC 1995)富川FC 1995のヘル(左)と仁川ユナイテッドのユーティ(右)

18位:テジョニ(大田ハナシチズン)7571票

19位:ロニー(安山グリナース)7550票

20位:バティ(FC安養)7434票

21位:キョンナミ(慶南FC)7365票

22位:カオ(城南FC)7341票

(写真提供=城南FC)城南FCのカオ(左)とソウルイーランドFCのレウル(右)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集