中島翔哉の加入も関係か? ナム・テヒがアル・サッドに移籍することになったワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国代表のナム・テヒがカタールのアル・サッドのユニフォームを着る。

2月8日(日本時間)、カタールのアル・サッドは、同じリーグのアル・ドゥハイルで活躍していた韓国代表のMFナム・テヒを迎え入れたと公式発表した。

移籍時点は今夏で契約期間は3年。アル・ドゥハイルとの契約期間が満了するので移籍料はないという。

アル・サッドはアル・ドゥハイルと並んでカタール・リーグの強者として君臨している中東の強豪。ナム・テヒはそこでシャビ・エルナンデス、ガビ、チョン・ウヨンらと呼吸を合わせる。

(注目記事:「欧州に進出しすぎて問題」という日本サッカー。それでも羨ましく映るワケ

これに先立って、ナム・テヒは国内メディアとのインタビューを通じて、「この夏、移籍市場を通じてアル・ドゥハイルを離れる」と明らかにしたことがあった。

(写真=アル・サッド公式Twiter)ナム・テヒ(左)

それに続くように、アル・ドゥハイルが日本代表の中島翔哉を迎え入れたと公式発表し、ナム・テヒの移籍は既成事実となっていた。

2012年にフランスのヴァランシエンヌを離れ、アル・ドゥハイル(当時レフウィヤ)に入団したナム・テヒは7年間、カタール最高の攻撃手として活躍してきた。

リーグ優勝だけでも5回経験し、2017年にはシャビ・エルナンデスを抑えてMVPを受賞したこともある。

昨年11月にはウズベキスタン代表とのAマッチで前方十字靭帯が破裂する負傷を負い、2019年アジアカップ出場機会を逃した。現在、来季復帰を目指してリハビリに専念している。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事