「欧州に進出しすぎて問題」という日本サッカー。それでも羨ましく映るワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年11月、マンチェスター・ユナイテッドの韓国・日本担当スカウトの田村圭と会ったことがある。

彼はJリーグのセレッソ大阪、浦和レッズのスカウトを経てマンUと仕事をするようになった。彼が持っている情報そのものに対外秘のものがあり、多く会話はできなかったが、彼の言葉の中に記憶に残るものがひとつあった。

(関連記事:マンUの日本人スカウトが語る日韓選手の特徴「香川真司の後継者を探しているが…」【インタビュー】

「日本選手たちは欧州へ進出しすぎて残念だ」ということだった。

(写真=アジアカップ公式ツイッター)

日本の選手たちは今や、イングランドやスペインのようなビッグリーグからポーランドやロシアのような東欧リーグまでヨーロッパ全域に広がっている。

あちこちに散らばっている日本の選手たちを合わせると50~60人ほどになるという。

ベルギー1部リーグのシント=トロイデン(STVV)は日本企業に買収された後、6人の日本人選手が活動している。今回のアジアカップでMVP候補にまで挙がっている20歳のDF冨康健洋が、ほかならぬSTVV所属だ。

ところが田村は言うのだ。

「日韓戦で韓国が何度か勝つことができるだろう。しかし…」

「Jリーグも環境が良いのでまずはより安定した環境の中でプレーし、技量が成熟したときに欧州に行ってはどうかと思う。しかし、これから発展しようとする時期に欧州に行って、出場時間の問題などで技量が停滞する場合がある。個人の意思を尊重するが、そういった面では少し残念だ」

彼が韓国選手の現状を聞いてくることはなかったが、もしも彼が「韓国はどうなのか」と聞いてきたら、仕方なくこう返すつもりだった。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事