Jリーグは日程変更が決まったが…ACLの集中開催決定で韓国Kリーグはどうなるのか

2020年07月13日 サッカー #Kリーグ #ACL
このエントリーをはてなブックマークに追加

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の新しい日程の決定によって、韓国Kリーグも日程変更を余儀なくされるかもしれない。

【写真】韓国サッカーが生んだ美しすぎる応援女神を一挙紹介!

アジアサッカー連盟(AFC)は、去る7月10日(日本時間)にホームページを通じて「加入国及び各国クラブとの討議を通じ、2020年のAFC主管の日程を新しく定めた」と伝え、ACLの新たな日程を発表した。

AFCの発表によると、Kリーグ勢が属する東地区のグループステージは来る10月19日から11月1日までの集中開催。決勝トーナメントはベスト16から決勝まですべて一発勝負に変更された。

ベスト16の試合はグループステージ終了からわずか2日後の11月3日に行われ、準々決勝は11月25日、準決勝は11月28日、そして決勝は西アジア地域で12月5日に開催される。

ACL集中開催でKリーグへの影響は?

JリーグはACLの日程を考慮し、横浜F・マリノス、FC東京、ヴィッセル神戸ら出場チームの試合日を変更した。では、Kリーグの場合は一体どうなるのだろうか。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)3月4日に行われたシドニーFC対全北現代戦

今シーズンのACLには、Kリーグから全北現代モータース、蔚山現代FC、FCソウル、水原三星ブルーウィングスの4チームが出場している。

AFCの発表通りであれば、Kリーグのファイナルラウンド期間にACLのグループステージ及び決勝トーナメントが行われることになる。

Kリーグでは、正規ラウンド最終戦の第22節を10月4日に定めた。以後、上位リーグと下位リーグに分かれてチーム当たり5試合ずつ行うファイナルラウンドを控えているが、日程はまだ決まっていない。

7月12日、韓国プロサッカー連盟の関係者は「ACLの残りの日程が発表通りに進められる場合、Kリーグの日程を変更するしかない」と明かした。

そして、「ACLグループステージ期間中はKリーグを進行できない。12チーム中4チームが抜けてしまうため、公平性の問題を考慮しなければならない」とKリーグの日程変更の可能性を述べた。

2月19日に行われた水原三星対ヴィッセル神戸戦

ACLグループステージだけでも2週間以上国内リーグを中断しなければならない状況なため、Kリーグ勢の結果いかんでは11月末または12月初めと定めていた国内シーズン終了の時期も、多少先送りとなる可能性がある。

関係者は「ファイナルラウンドの日程は、ACLの日程を考慮してさまざまな案を練っている。状況次第では残りの試合日程を前倒しにする可能性も残っている」と話している。

いずれにせよ、KリーグもJリーグ同様に日程が変更となる可能性が高いと言って良いだろう。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集