史上初のオリンピック出場を目指す韓国女子サッカー、最後の関門は中国に決定

2020年02月14日 サッカー #女子サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

史上初のオリンピック進出を狙う韓国女子サッカーの最後の関門は、中国となった。

コリン・ベル監督が率いる女子サッカー韓国代表は、2020東京五輪アジア最終予選プレーオフで、中国と激突する。

【写真】韓国サッカーが生んだ「美しすぎる応援美女」!

中国は2月13日、シドニーで行われたアジア最終予選グループBの最終戦でオーストラリアと対戦し、1-1で引き分けた。オーストラリアと中国は並んで2勝1分(勝ち点7)としたが、得失点差でオーストラリアがグループBの1位となった。

韓国は予選でミャンマーとベトナムを相次いで撃破し、グループA首位でプレーオフに進出している。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングでは、中国(15位)が韓国(20位)よりも優位だ。しかし2019年12月に釜山(プサン)で開催された東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1選手権では、0-0で引き分けたことがある。試合内容は韓国が上だったとの評価もある。

さらに当時は韓国のエース、チ・ソヨンが招集されていなかった。チ・ソヨンはグループステージ2試合で3ゴールを記録するなど、快調なコンディションを見せている。

(写真提供=韓国サッカー協会)女子サッカー韓国代表のチ・ソヨン(10番)

韓国と中国のプレーオフは来る3月6日と11日、ホーム&アウェー方式で行われる。ここで勝利すれば、東京五輪の出場権を獲得できる。

韓国女子サッカーはこれまで1度もオリンピック本選に出場したことがない。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集