「もう整形できない、最後の鼻です!」韓国女優のあまりに清々しい“整形ギャグ”が話題に

2022年01月31日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優ホン・スアが大きく変わった顔で、クールに整形を告白した。

【写真】整形を告白して事務所から警告された韓国女優「事実なのにどうしろと」

ホン・スアは1月30日に放送された韓国SBSのバラエティ番組『ランニングマン』(原題)に、寅年生まれのゲストとして出演した。1986年生まれの彼女は、同い年の女優兼歌手のペ・スルギ、SUPER JUNIORウニョクと共に、久しぶりにバラエティ番組に出演した。

女優ソン・ジヒョとチームとなったホン・スアは、ハハとゲームで対決を繰り広げた。ボディーガード役のヤン・セチャンとソン・ジヒョは、それぞれハハとホン・スアを守ったり、相手を叩いたりしなければならなかった。武器はスポンジナイフで、盾はお鍋のふただった。

ソン・ジヒョは叩かれても受け入れてとホン・スアに了解を求めた。しかしホン・スアは、「オンニ(お姉さん)、鼻に注意」と叫び、「私はもう(整形)できない。最後の鼻です」と自虐のギャグで笑いを誘った。

(画像=SBS)「最後の鼻です!!」と主張するホン・スア

整形した鼻を守らなければならないというプレッシャーのなか、ホン・スアはゲームを行ったわけだ。しかし、同ゲームのベテランであるハハに勝つことはできず、ソン・ジヒョもまともに攻撃したり守備したりできないまま、2人は敗れた。

(画像=SBS)

ホン・スアはこの間、何度も整形して大きく顔が変わった状態。過去、バラエティ番組で「作品がなかった。簡単な役割だけだった。中国から作品の提案が入ってきたが、制作会社が手術を提案した。二重まぶたの手術をしたが、反応が良かった」と、過去の整形理由を告白したことがある。

続いて彼女は、「整形手術に対する悪質コメントは大丈夫だ。でも自分の欲のために作品が悪口を言われるので、とても申し訳なかった。これからは演技力で認められる演技者になる」と明らかにし、温かい応援を集めた。

(記事提供=OSEN)

【写真】“ふたえ整形”を否定したキム・ヨナ、ナチュラル美貌と色っぽい眼差し

プチ整形して“アイドル並みの美貌”と評された韓国の女芸人、日本人年下彼氏との結婚計画

“二重整形”後に自撮りアップの韓国お騒がせタレント、その美しさにウットリ

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集