整形を告白して事務所から警告された韓国女優、「事実なのにどうしろと」と笑い飛ばして話題

2021年01月21日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優ナム・ギュリが“正直すぎる発言”で、所属事務所から警告を受けたというエピソードを明かした。

【写真】美人韓国タレントが「止められない」と堂々の整形宣言!!

ナム・ギュリは1月20日、MBC FM4Uラジオ『午後の発見、イ・ジヘです』(原題)にゲストとして出演した。

ラジオパーソナリティーのイ・ジヘは、ナム・ギュリに「過去に整形した事実を正直に告白して、所属事務所から警告を受けたというが」と聞いた。

するとナム・ギュリは、「(警告を)たくさん受けた。“あまりに正直すぎる”と。それで“事実なのにどうすればいいのですか”と言った」と答え、笑いを誘った。

彼女は続けて「若い頃はたくさん怒られた」とし、「女優生活をしながら、“どんな言葉を発言しても自分の考えだし、大きな失敗ではない”と伝えた。ある瞬間から所属事務所が信じてくれるようになった」と話した。

ナム・ギュリ

ナム・ギュリは2011年に出演したバラエティ番組で、整形した事実を伝えたことがある。彼女は当時、「歯の矯正と、1、2カ所した。全面修正ではない」などとしていた。

正直な発言で注目されたナム・ギュリは昨年、ドラマ『カイロス』(原題)でカン・ヒョンチェ役を熱演し、MBC演技大賞で優秀賞を受賞。今年上半期に放送予定のドラマ『あなたは私の春』(原題、tvN)に出演する予定だ。

◇ナム・ギュリ プロフィール

1985年生まれ、ガールズグループSeeYaのメンバーとして2006年にデビュー。ステージ上で衣装がずれ、胸の一部が公開される騒動が起きたことも。グループは2000年代に人気を獲得したが、2011年1月に解散。その後、女優に転身し、ドラマ『美しき人生』『殺し屋の理髪師』『ウララ・カップル』『私の後ろにテリウス』『イモン』や、映画『Deja Vu』『嫉妬の歴史』などに出演。以前とあるインタビューで、結婚に対する難しさを赤裸々に語ったことがある。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集