韓国のベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』が演劇に、映画の勢いを引き継げるか

2021年12月04日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国のベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』が、演劇として生まれ変わる。

【関連】「女として不快」と女子アナが『キム・ジヨン』を一蹴、問題に

韓国の企画会社スポットライトは、演劇『82年生まれ、キム・ジヨン』を2022年8月から11月までソウル三成洞(サムソンドン)の白岩アートホールで上演すると発表した。

本作は、韓国のみならず、日本、アメリカ、ドイツなど海外20カ国に版権が輸出され、人気を集めた。原作の人気に伴い、チョン・ユミ、コン・ユ主演で映画化もされ、2019年10月に韓国で公開されると、367万人もの観客を動員するという大ヒットを記録した。

(画像提供=民音社)『82年生まれ、キム・ジヨン』小説

舞台化の制作は、クリエイティブ・プロデューサーのチョン・ユランが担当。また、多様な形式で独自の芸術観を表現してきたアン・ギョンムがともに演出を手がけることが決まった。また、脚本は小説の舞台化で実績のある脚本家のキム・ガラムが手がける。

スポットライトのパク・ソンユンプロデューサーは、「プロデューサーのチョン・ユラン、演出のアン・ギョンモ、作家のキム・ガラムと協力し、台本を書き終えた。年内にキャスティングや内部ワークショップ、そして来年上半期に本格的なデザイン開発を行い、観客と会う予定」と述べている。

『キム・ジヨン』を不快と一蹴した韓国女子アナ「私は“かまってちゃん”」

コン・ユが『キム・ジヨン』の脚本を読んで泣いたワケ

『82年生まれ、キム・ジヨン』でコン・ユの演技の評価が高い!

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集