コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』の脚本を読んで泣いたのはなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2016年に発刊されて韓国で100万部以上が売れた同名の小説が原作だ。

(関連記事:『トッケビ』から3年! コン・ユとキム・ゴウンの新作が注目されている

この小説は、韓国社会で女性が背負う重圧を表現していたが、映画は原作小説の骨子を受け継いで制作されている。

チョン・ユミが演じるキム・ジヨンは平凡な人生を歩んでいたが、ある時を境に過去の体験に苦しめられて如実に変化していく。

その夫のチョン・デヒョンを演じるのがコン・ユで、妻のこれまでの生き方を理解して一緒に苦悩を分かち合おうとする。

チョン・デヒョンを演じるコン・ユ。制作発表会では、キム・ドヨン監督と呼吸がよく合ったことを強調していた。

「監督は長い間演技をされた方であり、俳優の観点をよくわかっていらっしゃいます。簡潔に話をされるので、私たちもよく理解できました」

コン・ユはこう語って、キム・ドヨン監督のスタイルを称賛していた。

さらに、注目を集めたのが次の発言だ。

「シナリオを初めて読んだときには、家族のことを思い、かなり泣きました。特に母のことが多く思い出され、電話をかけて“子供を育てるときに苦労したでしょ”と声をかけました」

コン・ユは俳優として演技をしながら、この映画が描く家族関係を自分のことのように捉えていた。

シナリオを読んで泣いた、というコン・ユがどんな演技を披露してくれるのか。大いに興味をかきたてられる。

(文=康 熙奉/カン・ヒボン)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事