『太陽の末裔』出演で人気集めた俳優キム・ミンソク、映画に引き続きドラマにも出演か!

2021年11月17日 テレビ
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優キム・ミンソクが、映画『シャーク:ザ・ビギニング』(以下、『シャーク』)の続編として制作されるドラマに、主人公として出演検討中であることを明かした。

【関連】キム・ミンソク、盗撮犯を取り押さえる

『シャーク』は、同名のアクションウェブ漫画を原作にして作られた作品。

思いがけない事故で少年院に収監された校内暴力の被害者チャ・ウソル(演者キム・ミンソク)が、総合格闘技のチャンピオン、チョン・ドヒョン(演者ウィ・ハジュン)に出会い、自分の限界を1つずつ乗り越えていくリアル生存アクションストーリーだ。6月には同名の映画も公開された。

(写真=キム・ミンソクのInstagram)

映画『シャーク』に続いてドラマでも主人公として出演する予定だ。原作にはないストーリーを繰り広げる予告で、視聴者からの関心も高い。

キム・ミンソクの関係者は「『シャーク』制作陣から、シーズン2となるドラマにも主演オファーを受けたのは事実だ。ただ、まだ制作初期段階なので具体的なシナリオは聞いていない。現在は、出演検討中だ」と説明した。

キム・ミンソクは2011年、Mnetのオーディション番組『スーパースターK シーズン3』に参加し、芸能界デビューした。ドラマ『美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート~』を通じて俳優デビュー。その後、大人気ドラマ『太陽の末裔』(KBS2)に出演し、“赤ちゃん兵士”として人気を集めた。


(記事提供=OSEN)

『太陽の末裔』の“美人軍医”キム・ジウォンが移籍?キム・ソンホ議論に続き所属事務所が否定

ソン・ジュンギならではの魅力炸裂…ドレッシースタイルから“わんぱく”姿まで【PHOTO】

『太陽の末裔』『テバク』『六龍が飛ぶ』などに出演した韓国中堅俳優、闘病の末に…享年50歳

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集