「直視できない」BTS・V、フェロモン全開”ダメージニット姿”に反響続々【PHOTO】

2021年11月12日 話題 #写真 #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

BTS(防弾少年団)のVが、持ち前のルックスでファンを魅了している。

【写真】「呼吸困難になる」Vの“無邪気な色気”

BIGHIT MUSICは11月8日、NAVERポストに「BTS+ARMY=問題ナシ☆」というタイトルでメンバーの写真を掲載した。

これは去る11月2日に掲載された「BTS 2022 SEASON’S GREETINGS」のメイキングカットの第2弾だ。各メンバーたちの個人カット3枚ずつと団体カットが公開され、話題になっている。

張り紙やペイントがされたセットの中、アンニュイな表情を浮かべるBTSのメンバー。レザージャケットやチェーンのアクセサリー、タトゥー風メイクなど、ロックテイストのスタイリングをスタイリッシュに着こなし、クールな魅力を発揮している。

ほつれたニットやダメージデニムなど、パンクなアイテムを着用しながら独特の魅力を誇っているV。顔や首にはタトゥー風のメイクが施されており、おぼろげな表情からはなんともいえない色気が漂っている。

別のカットでは、白のジャケットに麻素材のストローハットを被りナチュラルな雰囲気だ。

圧倒的なビジュアルとオーラにファンからは「ただただ泣いた…」「このテヒョン良すぎるな?」「色気…」「カッコ良すぎて直視できない」いった熱い反応が寄せられた。

(写真=BIGHIT MUSIC)
(写真=BIGHIT MUSIC)

なおBTSは、11月27~28日、12月1~2日、米ロサンゼルスで有観客コンサート『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA』を開催予定。12月3日には、米ロサンゼルスで開かれる『2021 Jingle Ballツアー』の舞台に上がる予定だ。

◇V プロフィール

1995年12月30日生まれ。本名キム・テヒョン。2013年にBTSのメンバーとしてデビューし、グループ内ではサブボーカルを務める。“美少年”と呼ぶに相応しいビジュアルとのギャップを感じさせる低音ボイスが特徴で、ボーカルラインの中でも主に中低音パートを担当している。優れたビジュアルが世界的に評価されており、映画情報サイト『TC Candler』が発表する「世界で最もハンサムな顔100人」の上位にたびたびランクインしている。

「最高の流し目」BTS・V、“色気マシマシ”の最新ビジュアルに反響続々【PHOTO】

BTSのJIMINとVのユニット曲『Friends』、マーベル最新作『エターナルズ』の挿入歌に決定!

“身長差ヤバい…” BTSのV、女性スタッフとの2ショットが話題【PHOTO】

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集