日本で人気を呼んだ韓流ドラマの変遷は?【日本の中の韓流、15年目の現在地】

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ではどんな韓流ドラマが人気なのか、それがわかる興味深いランキングがある。日本の有名レンタル・ビデオチェーンであるTSUTAYAが2018年12月に発表した「韓流ドラマ・ベスト10」というランキングだ。

1位に輝いたのは『冬のソナタ』だ。日本における『冬のソナタ』は韓流ブームの始まりとなった作品といえる。2003年4~9月にNHKのBS2で放送されると反響が大きく、同年12月に再放送された。

さらに「地上波で放送してほしい」との要望を実現し、2004年4月からNHK総合テレビで放送。日本に韓国ドラマの存在を広く知らしめた作品といえるだろう。

2位はチャン・グンソク主演の『美男<イケメン>ですね』。『美男<イケメン>ですね』は日本で2011年7月に地上波放送され、“グンちゃん大旋風”を起こしたきっかけとなっている。

(関連記事:【韓流タイムズ】世界の韓流ファンたちが選んだ「もっとも好きな韓流ドラマ」は?

3位はソン・ジュンギ、ユ・アイン、パク・ユチョンなどが共演した『成均館スキャンダル』だった。いずれもラブコメだが、4位は『トンイ』、5位には『イ・サン』と時代劇が選ばれている。

『花より男子』

ソン・イルグク主演の時代劇『風の国』も7位に選ばれた。『花より男子』(6位)、『マイプリンセス』(8位)、『コーヒープリンス1号店』(9位)、『イタズラなキス』(10位)も選ばれており、メロドラマから時代劇、ラブコメまでさまざまなジャンルの韓流ドラマが日本に定着していることを物語っていると言えるだろう。

最近の傾向はどうなっている?

韓流10周年とされる2013年にも「あなたが選ぶ韓国ドラマ大賞」という人気投票が行われたが、そのときも1位は『冬のソナタ』で、『屋根部屋のプリンス』(2位)、『美男<イケメン>ですね』(3位)、『王女の男』(4位)、『宮(クン)~Love in Palace』(5位)とさまざまだった。

いずれも日本で長く愛されているドラマだが、TSUTAYAの年度別レンタルランキングにみると最近のトレンドがわかる。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事