コン・ユ&パク・ボゴムW主演映画『徐福』、またも公開延期に…“年内公開を断念”

このエントリーをはてなブックマークに追加

コン・ユ、パク・ボゴムW主演映画『徐福(ソボク)』(原題)の公開が延期された。

韓国・ソウルは最近、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて映画館の時間短縮営業を実施中。そのため、12月の公開を予定してした映画も公開日を再検討している。

【写真】コン・ユ&パク・ボゴムが放つ「カッコいい」オーラ

特に『徐福』の配給会社CJエンターテインメントは12月7日、「新型コロナの感染拡大によって公開日の延期を決定した。感染に対する社会全般の懸念が大きくなっているなか、追加拡大及被害を事前に防ごうと、苦心の末にこのように選んだ」と発表した。

CJエンターテインメントは『徐福』の12月公開を貫くと表明していたが、12月6日に社会的距離確保が2.5段階に引き上げられたことで映画館の時間短縮営業が実施中のため、年内公開を断念したとのことだ。

『徐福』は、人類最初のクローン人間ソボク(演者パク・ボゴム)と、彼を運ぶという極秘任務に就く元情報局エージェント、ミン・キホン(演者コン・ユ)がさまざまな勢力の追跡を受ける物語。

パク・ボゴムの場合、軍隊のイベントでも映画に言及するほど愛情を示していた。コン・ユも最近、バラエティ番組などで積極的に映画のプロモーション活動を行っていたため、公開延期に対して残念がる声が広がっている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集