アジアを沸かせる韓流スターたちが次々と帰還!復帰ドラマでの評価は?

2020年10月27日 話題 #韓国ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年、兵役を終えた“韓流スター”たちが次々とドラマ復帰を果たした。

もう30代になった彼らはブランクを感じさせないほど新たな全盛期を開いており、今後の活動にさらなる期待が集まっている。

【注目】俳優ヒョンビンの“兵役”が今も語り継がれる理由

韓流を牽引するイ・ミンホ、キム・スヒョンは、除隊後にも自分の役割を果たした。

イ・ミンホがドラマ『相続者たち』(2013年)の脚本家キム・ウンスクと再びタッグを組んだ『ザ・キング: 永遠の君主』は、放送終了後に海外で高い人気を博し、イ・ミンホの人気を証明して見せた。イ・ミンホは先日、アップルTVプラスが制作するドラマ『Pachinko(パチンコ)』への出演も知らせ、グローバルな活躍を期待させた。

ドラマ『ホテルデルーナ~月明かりの恋人~』『愛の不時着』にカメオ出演したキム・スヒョンも、『サイコだけど大丈夫』で見事な復帰を果たした。5年ぶりのドラマ復帰は大きな話題を呼び、ドラマもNetflix(ネットフリックス)を通じて世界190カ国で同時配信されるなど、世界的な人気を立証した。

SBSドラマ『コンビニのセッピョル』(原題)で復帰したチ・チャンウクも、国内外で話題を呼んだ。同作がOTTプラットフォーム「iQIYI」で上半期ドラマ1位を記録したことも、アジアで高い人気を博すチ・チャンウクの影響が大きい。彼はこの勢いのまま、韓国kakaoTVオリジナルドラマ『都会の男女の恋愛法』で女優キム・ジウォンと共演することが決定した。

左上から時計回りにイ・ミンホ、キム・スヒョン、チュウォン、チ・チャンウク

昨年、除隊からほどなくしてドラマ復帰した俳優カン・ハヌルとイム・シワンも、良い評価を受けた。カン・ハヌルはドラマ『椿の花咲く頃』で代表作を更新し、ブランクを感じさせないほど人気を集めた。イム・シワンも『他人は地獄だ』(原題)で新たな挑戦に挑み、自身の存在を知らしめた。2人とも映画やドラマを通じて着実に活動を行っている。

一方、俳優チュウォンは復帰作で惜しい結果を残した。3年ぶりのドラマ復帰となった『アリス』で、失感情症を持つ刑事パク・ジンギョム役を務めたものの、過去作『グッド・ドクター』や『ヨンパリ~君に愛を届けたい~』ほどのインパクトはなかった。主人公のキャラクターとしても、高い話題性や拡張性を見せることはできなかった。

あるドラマ関係者は言う。

「昔のように、俳優たちの空白期があるとは感じられない。全体的に成功的な復帰を果たしており、番組の視聴率によって変動があるが、次の作品を期待させる俳優たちだ。中でもカン・ハヌルが目立つ成果を見せてくれたし、チ・チャンウク、キム・スヒョンも良い姿を見せた。チュ・ウォンの場合、期待値が高かったことに対する結果なので大きなダメージはないだろう」

他のテレビ関係者も「スタッフや視聴者には魅力的で断トツの主演級俳優たちなので、除隊後の復帰作が期待作となり、話題が集まった。ただ、俳優と作品によって期待感の差が大きく、これを話題性で証明する人もいるが、失望してしまう部分もある。また、彼らの兵役中に新しく頭角をあらわした俳優も出てきたので、彼らとも競争しなければならない部分もある」とコメントした。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集