「これは『キム秘書』でしか見られない!」パク・ソジュンの魅力的な表情を今すぐチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

パク・ソジュンが『キム秘書はいったい、なぜ?』で見せた魅力的な一面が、女心を鷲掴みにすると話題だ。10月からNetflixで配信をスタートした同作は、わずか3日でNetflix上の総合ランキング1位を獲得し、トップをキープし続けている。

【写真】パク・ソジュンが主演映画で見せた「肉体美」

日本では『梨泰院クラス』のイメージが強いかもしれないが、そもそもパク・ソジュンは「ラブロマンスをやらせたら右に出る者はいない」とされるほどラブコメドラマで存在感を発揮していた。2015年の『彼女はキレイだった』、2017年の『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~』などがとくに代表的だろう。

それだけに、『キム秘書はいったい、なぜ?』が放送された2018年当時、韓国では「さすがパク・ソジュン」「ラブコメ職人が新しい歴史を刻んだ」といった称賛の声が尽きなかった。

さらに言えば、『キム秘書はいったい、なぜ?』でパク・ソジュンが演じたエリート副会長イ・ヨンジュンのキャラクターは、従来のラブコメで見せたそれとは異なる唯一無二の魅力が存分に感じられるのだ。

(写真提供=tvN)

イ・ヨンジュンは、ルックスはもちろんいくつもの外国語をネイティブのように話し、各種データは細かいところまで徹底的に記憶しているなど、仕事に関しても非の打ちどころがない人物だ。しかし、9年ものあいだ自分のそばで秘書を務めたキム・ミソ(演者パク・ミニョン)が急に辞めると言い出すと、動揺のあまり次々とボロを出しはじめる。

キム・ミソの一挙一動に振り回されるイ・ヨンジュンならではの甘い笑顔だけでも、『キム秘書はいったい、なぜ?』には一見の価値があるだろう。

キム・ミソを前にしたイ・ヨンジュンは、ときに男らしく、ときに可愛らしい表情を見せ、豊かな感情をあらわにする。格別な愛情深さを感じさせるパク・ソジュンの細やかな演技は、ドラマの没入感を一層高めた。

最近は『梨泰院クラス』や映画『ディヴァイン・フューリー/使者』など、王道ラブコメとは異なる出演作が目を引くパク・ソジュン。そんな今だからこそ、『キム秘書はいったい、なぜ?』では一層ギャップを楽しめるかもしれない。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集