【画像】『鬼滅の刃』“パクり疑惑”の韓国ゲーム、キャラが似すぎ…サービス終了へ

2020年04月28日 話題 #サブカル日韓
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の人気漫画『鬼滅の刃』の盗作疑惑が浮上した韓国のゲーム『鬼殺の剣』が、サービスを終了する。

4月27日、『鬼殺の剣』の公式コミュニティは「4月29日10時をもってサービスを終了する」ことを告知した。4月24日のサービス開始からわずか6日のスピード終了となった。

【注目】映画『パラサイト』にパクリ盗作疑惑

それに伴い、4月27日午後8時からアプリのダウンロード及びアイテムの課金が禁止され、有料アイテムの購入者には払い戻しが行われているという。

韓国のゲーム会社テンナインが制作した『鬼殺の剣』は、リリース直後から『鬼滅の刃』に酷似していると話題になった。タイトルやキャラクター、ストーリーに至るまで類似点を指摘する比較画像も広まっている。

左が韓国のゲーム『鬼殺の剣』、右が『鬼滅の刃』
左が韓国のゲーム『鬼殺の剣』、右が『鬼滅の刃』
左が韓国のゲーム『鬼殺の剣』、右が『鬼滅の刃』

テンナイン側は4月24日、韓国のゲーム専門メディア『gamemeca』の電話取材で「鬼と戦う設定と、キャラクターの日本式服装によって『鬼滅の刃』と類似していると判断されたようだ」とし、盗作を否定していた。

しかし、一向に炎上が収まる気配がないさなか、テンナイン側は「我々の未熟さのゆえ多くの方にご不便をおかけした。熟考の末に運営を持続できないとの結論にたどり着いた」と発表。盗作疑惑については一切触れずにサービス終了を知らせた。

(上から)ゲーム『鬼殺の剣』、アニメ『鬼滅の刃』

【注目】『鬼滅の刃』のパクり?韓国ゲーム会社の作品が大問題、どれほど酷似していたのか 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集