映画『パラサイト』にパクリ盗作疑惑?「告訴を議論」と印の映画関係者

このエントリーをはてなブックマークに追加

インドの映画制作者が映画『パラサイト』(ポン・ジュノ監督)は自身の盗作だと主張した。

2月17日、インドの『インディア・エクスプレス』などによると、インドの映画制作者PLテナパンは『パラサイト』が1999年に制作した映画『ミンサラカンナ』と類似しているという主張を提起した。

【発掘写真】映画『パラサイト』の美人奥様女優、高校の卒業写真も美しかった!!

PLテナパンはメディアを通じて「国際弁護士を選入し、告訴進行について議論する」と明らかにした。

しかし、PLテナパンは具体的にどの部分が『パラサイト』と似ているかは明らかにしなかった。

演出を担当したラビクマール監督は「まだ映画を見ていないが、話を聞いてみると『ミンサラカンナ』がインスピレーションを与えた『パラサイト』がオスカーを受賞して嬉しい」と立場を伝えた。

インド現地の観客と映画評論家たちはこの主張に対し、「困惑している」という立場だ。

とあるインドの映画評論家は「家族が他の家族の家に偽装して入るのはストーリーではなく、物語のトロフ(文彩)だ」と、『ミンサラカンナ』側の主張を批判した。

映画『パラサイト』韓国ポスター

現地メディアでも「『パラサイト』は階級に関する話と社会的差別を盛り込んだブラックコメディで、プロットを見ると似ているように見えるが、実際には非常に違う。完全に差別化された作品」と見ている。

『ミンサラカンナ』は、1人の男が裕福な家の女性と恋に落ち、その家の運転手になり、家族も使用人と料理人になり、秘密を維持しながら働く物語を描いた作品である。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事