R-18指定の韓ドラ『夫婦の世界』が自己最高更新。ついに“黒化”した主人公に反響

2020年04月06日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国JTBCドラマ『夫婦の世界』の視聴率が、再び自己最高記録を更新した。

4月4日に放送された第4話の視聴率は、同ドラマ最高となる全国14.0%、首都圏15.8%を記録した。20歳から49歳をターゲットにした視聴率も7.4%となり、地上波を含む全チャンネルで1位だった。

【関連】『夫婦の世界』がヒットの予感「驚異的すぎる」と英BBC関係者

この日の放送で毎分最高視聴率を記録したのは、主人公チ・ソヌ(演者キム・ヒエ)が決意を示すエンディングシーンで、18%だった。

チ・ソヌは、自分をホテルの部屋に誘うソン・ジェヒョク(演者キム・ヨンミン)を逆利用してまで夫イ・テオ(演者パク・ヘジュン)への復讐心を表した。彼女が離婚への道を選ぶ決定的なきっかけになったのは、息子のイ・ジュニョン(演者チョン・ジンソ)。イ・テオと愛人のキス現場を息子が目撃したことを知り、頭に血が上るような衝撃を受けたのだ。

そして「私の息子、私の家、私の人生、どれも絶対に譲らない。私の人生からイ・テオだけをきれいにえぐり出す」と覚悟を決め、イ・テオを潰すべく静かに動き出した。チ・ソヌの本格的な“黒化”に、視聴者から大きな反響が寄せられている。

(写真=JTBC)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事