人気歌手の薬物取引の瞬間が公開に!! 昏睡フィソン発見者の証言も

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国のR&B歌手として世界の有名ミュージシャンと数多くコラボしてきたフィソンの薬物を購入している姿が公開され、論争を呼んでいる。

韓国のテレビ局MBNは4月2日のニュース番組で、「歌手フィソンが3月31日、ソウルのとある建物のトイレで睡眠麻酔剤を投薬して倒れた状態で発見された中、当時のCCTVを入手して調べたところ、投薬直前に男性と薬物取引する姿が明らかになった」と報道した。

【関連】韓国芸能界の“タブー”をネットで暴露するK-POPアイドルたち…パトロンにギャラ、麻薬まで

映像は、白いジャンパー姿で紫色の野球帽をかぶったフィソンが、タクシーを降りて銀行の前をうろつき、誰かに電話をかけているところから始まる。

フィソンは駐車場に移動し、紫色の服を着た男と会話を交わした後、男性から黒い袋を引き取っている。袋の中の品物をチェックした後、取引を終えた2人は別れた。

その30分後、フィソンは近くの建物で倒れて発見された。現場には、CCTVに映っていた黒いビニール袋や注射器、薬瓶などが散らばっていた。

有名歌手が直接取引で薬物を購入し、薬に酔って倒れた状態で発見されるなど、常識的に考えられないことが相次いで起きたわけだ。

このすべての事件の状況は、フィソンが常習的な薬物中毒であった証拠と見られている。

倒れているフィソンを発見し、警察に通報した最初の目撃者は「最初は自分の応答が理解できず、おかしな返事をするほど意識がなかったが…。寒くて震えるよう…痙攣みたいな…」と当時の様子を明かしている。

フィソンが倒れた現場で発見された薬物は、プロポフォールのような全身麻酔剤の一種で、麻薬ではないが専門医薬品であり、医師の処方なしには買えないという。

(画像=MBNニースの報道映像キャプチャー)

ソウルの松坡(ソンバ)署はフィソンの薬物入手経緯などを調べている。フィソンは「インターネットで知り合った人と取引した」と供述したという。

一方、慶北(キョンブク)地方警察庁は最近、2019年12月に麻薬関連情報を確認する過程で、フィソンが麻薬類を購入した状況をつかみ、捜査していると発表している。

フィソンは2013年、兵役の軍服務当時も睡眠麻酔剤の一種であるプロポフォール投薬の疑いで軍検察から取調べを受けたが、治療目的であることが認められ、嫌疑なしの処分を受けたことがある。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事