アーセナル撃破に貢献のソン・フンミンが振り返る“退場誘発”「プレミアは常に過激でしょう?」【一問一答】

このエントリーをはてなブックマークに追加

「プレミアリーグはいつも過激でしょう?」

【独占写真】超貴重!ソン・フンミンと内田篤人の2SHOT

“ノース・ロンドン・ダービー”を制したトッテナムの韓国代表FWソン・フンミン(29)が、自身に対し終始激しいマークを一貫した末、イエローカード2枚で退場となったアーセナルのDFロブ・ホールディング(26)について、“余裕ある対応”を見せた。

ソン・フンミンは5月13日(日本時間)、ホームのトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われたプレミアリーグ第22節延期分のアーセナル戦に先発出場し、2点リードで迎えた後半2分にダメ押しの追加点を決めた。

当時、イングランド代表FWハリー・ケイン(28)がゴール前で相手と競り合い、ボールが後方にこぼれたところを、反応したソン・フンミンが右足で冷静に流し込んだ。

これでソン・フンミンは直近3試合連続得点に成功し、今季21ゴール目をマーク。得点ランキングでは22ゴールで首位のエジプト代表FWモハメド・サラー(29、リバプール)に次ぐ2位と、残り2試合での逆転も視野に入った。

トッテナムはこの日、3-0の大勝で勝ち点65を記録し、来季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アーセナル(勝ち点66)との差を1ポイントに縮めた。

途中交代を残念がるも…

ソン・フンミンは得点だけでなく、前半に自身をマンツーマンでディフェンスしたホールディングとの“神経戦”を勝ち抜き、退場を呼び寄せた。アーセナルはホールディングが2枚目のイエローで退場となり、数的劣勢に追い込まれた。

さらにソン・フンミンは前半21分、ペナルティエリア内でDFセドリック・ソアレス(30)に倒され、PKを獲得。この過程でケインがPKによる先制ゴール、ヘディングによる追加点に成功し、早々に2点差を付けることができた。そして、後半開始早々に生まれたソン・フンミンのゴールで、アーセナルを事実上“ノックアウト”させた。

トッテナムを率いるアントニオ・コンテ監督は、中2日で迎える15日の第37節バーンリー線を見据え、後半27分にソン・フンミンとスウェーデン代表FWデヤン・クルゼフスキ(22)をベンチに下げた。

体力の配分を考慮しての選択だったが、ソン・フンミンは当時、やや残念そうな表情でピッチを離れた。

試合後、ミックスゾーンで取材に応じたソン・フンミンは、「選手はずっとピッチ上でプレーしていたいし、チームを助けたいと思っているのが本音だ。もっと上手くできる姿を見せたい思いが重なったようだ。そのときは感情的になっていて、試合に没頭していた状況だったので、そのような表情が出てしまったが、試合が終わった今は監督の気持ちを理解している」と、指揮官の采配に納得した様子を見せた。

アーセナル戦後、取材に応じるソン・フンミン

「僕たちが上手く試合をコントロールした」

以下、ソン・フンミンとの一問一答。

―試合の感想は。

リバプール戦が終わってから練習時間はそう長くなかったが、選手たちは上手く回復し、何を正確に実行しなければならないかを感じながらトレーニングをした。その結果、今日の試合で良い姿を見せて勝利することができた。

―ホールディングの激しいマークに遭うなど、試合が過激な展開だったが。

プレミアリーグは常に過激でしょう(笑)。それは僕も変えられない部分だ。僕たちの守備陣も、相手のFWを防ごうとするときに多少荒っぽくなる。

―ホールディングの退場まで引き出した。彼が退場して以降、試合の流れが変わったようだが。

そう思っている方が多いと思うが、それまでも僕たちが1-0でリードし、上手く試合をコントロールしていた。選手1人が退場したことで相手のダメージも大きかったが、それ以前から上手くやっていたと思う。

―後半に交代でベンチに下がった際、やや暗い表情を見せたことでイギリスメディアの関心を受けたが。

監督が日曜日の試合(バーンリー戦)が重要だと思ったようだ。試合の展開が僕たちに傾いていたので、(体力面を)心配して交代したものと理解している。選手としてもっと学ばなければならない部分のようだ。正直、選手としてはずっとピッチ上でプレーしていたいし、チームを助けたいと思っているのが本音だ。もっと上手くできる姿を見せたい思いが重なったようだ。そのときは感情的になっていて、試合に没頭していた状況だったので、そのような表情が出てしまったが、試合が終わった今は監督の気持ちを理解している。選手としてしっかり従わなければならない。

「退場はなし?」冨安健洋への“顔面踏み付け”に韓国紙反応

19歳の全米テニス女王、「ソン・フンミンの大ファン」と告白

日本でのプレミア放映権を獲得した韓国発『SPOTV NOW』とは

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集