「顔踏まれたのに退場なし?」冨安健洋への“顔面踏み付け”に韓国紙反応「傷跡がハッキリ…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表DF冨安健洋(23、アーセナル)への“顔面踏みつけ”に韓国メディアも反応している。

【関連】「冨安は新しい“アジアの壁”」韓国メディア注目のワケ

12月7日(日本時間)、グディソン・パークで行われたプレミアリーグ第15節のエバートン対アーセナルで、問題のシーンは前半28分に見られた。サイドライン際での一連のプレーの過程で冨安がエバートンのDFベン・ゴッドフリー(23)に顔面を踏まれたのだ。

冨安はしばらく苦痛を訴えた後に立ち上がったが、その顔には踏まれた傷跡がハッキリと残っていた。

(写真提供=PA Images/アフロ)冨安健洋

主審は当該のシーンについてVARでチェックしたが、故意ではないと判断し、いかなる措置も執らなかった。ゴドフリーが冨安の顔を見て足を下ろしたのではなく、ボールを見る過程で誤って踏んだという判断だった。

これにはイングランド内でも議論が飛び交っている。特に、SNS上では退場か否かをめぐって激しい論争が繰り広げられている。「故意ではなかったとしても、結果的に踏まれた側に大きな害を与えかねないのでレッドカードを出すべきだった」という主張と、「ほかのところを注視していて誤って踏んでしまったのでカードを出す必要はないという主張が対立している。

英メディア『スカイ・スポーツ』で解説を務めるギャリー・ネヴィル氏は主審の決定に同意した。彼は「ゴドフリーは自分がした行動を見てすぐに足を引いたし、“事故だ”というようなジェスチャーもしていた。レッドカードを出さない理由もわかる気がする」と述べた。ジェイミー・キャラガー氏は「とてもラッキーだった」とどちらでもないスタンスを取った。

同日の試合で1-2と敗れ、リーグ2連敗を喫したアーセナル。次戦は来る12日にホームでサウサンプトンと対戦する。

【関連】ソン・フンミンとの“ミニ日韓戦”制した冨安を韓国メディア称賛「痛快な勝利を味わった!」

【関連】無所属だった“韓国のメッシ”イ・スンウ、新天地は母国Kリーグに決定

【写真】久保建英そっくり?な韓国人選手が話題

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集