「冨安は新しい“アジアの壁”だ」韓国メディアも注目している理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のマスコミが2022年カタールW杯アジア2次予選を通じてW杯予選デビューを控えたヤングパワーに注目している。

主人公はこの夏、移籍市場を通じて日本人DFとしては初めてイタリア・セリエAに移籍した冨安健洋(ボローニャ)だ。

日本の『スポニチ』は冨安が9月10日にミャンマーで開かれるミャンマー代表対日本代表のW杯アジア2次予選に出撃する場合、Jリーグ発足後、CBとしては最年少ワールドカップ予選出場記録を立てることになると報道した。

【関連】「欧州に進出しすぎて問題」という日本サッカーが羨ましく映るワケ

冨安に注目する韓国メディア記事

冨安がミャンマー戦に出場した場合、20歳309日でワールドカップ予選をプレーすることになる。 歴代日本代表のCBの中で20歳の選手がワールドカップ予選に出場するのは、なんと39年ぶりだという。

日本の伝説的なCBとして評価される井原正巳(アビスパ福岡監督)も21歳246日でワールドカップ予選初試合を経験したことがある。日本のマスコミは冨安について「新しいアジアの壁」という別名を早くから付け、期待感を示している。

冨安は主ポジションがCBだが、サイドバックもできるマルチプレーヤーだ。 187cmの身長でセットプレーでは攻撃でも頭角を現している。冨安はミャンマー戦を控え、「頭の中は冷静にさせ、攻撃的なプレーをしたい」という意欲を明らかにしているようだ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事