【独占写真】内田篤人とソン・フンミンがアンフィールドで“再会”!笑顔で握手&記念撮影も

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ソン、久しぶり!」

【写真】ソン・フンミンの元カノは人気アイドル?

アジア人選手で史上初めてプレミアリーグ1シーズン20ゴールを達成した韓国代表FWソン・フンミン(29、トッテナム)が、元日本代表DF内田篤人氏(34)と久しぶりの再会を果たし、注目を集めている。

ソン・フンミンは5月8日(日本時間)、英リバプールのアンフィールドで行われたプレミアリーグ第36節リバプール戦の試合後、ミックスゾーンで内田氏と会った。

握手を交わす内田氏(左)とソン・フンミン(右)

現役引退後、自身の名を冠した番組で司会を務めるなど、タレントに転身した内田氏は、同日、番組関係者とアンフィールドを訪れていた。リバプールには日本代表MF南野拓実(27)が所属している。

ただ、この日の内田氏のメインイベントはソン・フンミンとの再会だった。

内田氏は数年前、DAZNの番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』内で「(ソン・フンミンとドイツで対戦した際は)あそこまでではなかった。プレミアリーグに移籍した後、手が付けられない選手になった」と高く評価したことがある。

内田氏からのサインに応じるソン・フンミン

そして今回、久しぶりの再会を果たした2人。内田氏はソン・フンミンに軽いインタビューをしながらサインももらうなど、和気あいあいとした雰囲気がそこにはあった。

記念写真を撮るソン・フンミンと内田氏

ソン・フンミンと内田氏は去る2010年、ともにドイツ・ブンデスリーガを通じて欧州ビッグリーグ・デビューを果たした。ハンブルガーSVユース出身のソン・フンミンは18歳の若さでトップチーム・デビューし、内田氏は日本の鹿島アントラーズからシャルケに入団した。

以降、ソン・フンミンがバイエル・レバークーゼンを経て2015年夏にプレミアリーグへ移籍するまで、2人は5シーズンもの間ブンデスの舞台で度々対戦した。内田氏は2017年夏までシャルケでプレーした後、ウニオン・ベルリンに1シーズン在籍し、最後は古巣の鹿島に復帰。2020年に現役引退を表明した。

【写真】高級コートに3000万円の腕時計…ソン・フンミンの豪華すぎる私服

日本でのプレミア放映権を獲得した韓国発『SPOTV NOW』とは

【注目】父親が激怒!? ソン・フンミンが未婚の理由

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集